読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

捨てる前にもう一度読んでほしいヤバすぎる本の帯

読書

 

 みなさんは本屋さんで本を買ったとき大体ついてくる本の帯ってどうしてますか?

 

ちなみに僕は毎回毎回問答無用でゴミ箱に送り込んでいます。

帯の文字なんて読んでませんし、なんなら邪魔です。本の帯もカバーすらも本を読むには邪魔だと思ってしまう人種なんで今すぐなくしてほしいくらいです。

 

というか、稼ぎと読書量の釣り合っていない僕が本を買うのは大体BOOKOFFなんでそもそも買った本に帯がついてるというほうが珍しいぐらいあったりします。

 

本の帯の宣伝、というとやはり「〇〇(誰でも知ってる有名な作家さんや芸能人)絶賛」や「〇〇万部突破」とか「興行収入〇〇億円映画の原作」みたいなものというイメージありませんか?

 

本屋さんの一番目立つスペースに山積みしてある今一番人気なのであろう本のそんな帯を僕は今まで「いや、知らんがな」と冷めた目で見続けてきました。

 

 

本の帯の宣伝の本気度がヤバい

 

とは言っても、本の宣伝でできることというのはそれくらいです。

 

実際テレビのCMで漫画の宣伝をしているのを見てもやはり一番押してくるところは「〇〇万部突破」です。

 

ところがそんな僕今日たまたま行った本さんで見てしまいました。

 

読んだ人の80%が電車を乗り過ごしています

 

なんだよこのパンチ力。

 

その本のタイトルは「ヤッさん」(本屋さんなんで写真は撮れませんでした)

いや、誰だよ。聞いたことね~よそんな本。

 

 

 

本が売れないと言われてる時代にみんな頑張ってるんだよ

多分あんまり売れなかったんでしょう。絶賛してくれる有名人もいなかったのかもしれません。

でも、僕の記憶にはいつまでも刻みついてるよ「ヤッさん」

 

素晴らしい企業努力ですよ。

これはみんな手に取りたくなる。

 

でもごめん、俺小説読めないんだ...

だから今日は買ってあげれない....

電車乗り過ごすくらい楽しんで読んでくれる人早く見つけろよ...

 

そして、僕はこれからも本に帯があまりついていないBOOKOFFで本を買い続けるでしょう。

そして、もし帯がついてる本を買ったとしても今まで通り問答無用で捨てることでしょう。

 

素晴らしい本の帯をつくるために日々努力している皆さんごめんなさい。

だって、読みづらいんだもん...