読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ブロガーもそうでない人も自分メディアはこう作る!は読め

 

 

この本の著者のちきりんさん。

正直僕はブログを始める前まであまり知りませんでした。

 

ただちきりんというブロガーがいる(らしい)というくらいですかね。

 

もちろんそんなよくわかんない人のブログの本なんて読もうとは思いませんしこの記事を読んでいる多くの人もそうなのかなと思います。

 

でもだまされたと思ってページをめくってみてください。

ぼログをやってる人はもちろん、ブログをやっていないあなたもです。

 

ブロガーはこの本を読んで夢を持て

自分がブログを書いて何かをアウトプットする。ほかの誰かのブログを見て知らなかったことをインプットする。ということはとても楽しいです。

というか面白さがなければ毎日なんてできないわけで毎日続けられるだけの面白さというのは確実にあります。

 

しかし、記事を書くたびに読んでくれている皆さんがいるからできていることで、正直僕のような弱小ブロガーは「これを書いて何になるんだろう」という思いが出てきてしまうこともあります。

 

また、ネットの世界には多くのファンがいるすごいブロガーさんはいっぱいるけれど自分もそんな風になれるのだろうかと不安というかネガティブな気持ちに駆り立てられることもしばしば。

 

こういうブロガーさんは多いでしょう。

 

そういう時にこそこの本を読みましょう。

 

この本を読めば言葉は悪いかもしれませんがちきりんさんがごく普通の人だということがすごくよくわかりますし、当たり前のことですがちきりんさんも最初から多くの読者がいたというわけではないということもわかります。

 

もちろんそこに行くまでにやらなければならないことは山ほどあるでしょうし、時代の違いから同じことを同じようにやっても同じ結果は出ないでしょう。

 

それでも「やりようによっては自分にもできるのでは?」と間違いなくモチベーションが高まります。

 

 

世の中の見え方が変わる

この本は是非ブロガーじゃない方にも読んでいただきたいです。

 

というのも、この本の後半にある「Chikirin日記」のベストエントリを読むことでいかに自分が日々の生活の中で何も考えずに生きているかということがその理由です。

 

この中では社会福祉や関税のことも取り上げられていますが、もっと日常的なことも取り上げられています。

 

例えば

「Aとも言えるがBとも言える」とかいう人の役立たなさ

~中略~

最悪なのは、「Aの場合もあるが、Bの場合もある」とか言っている本人が、「俺の意見は客観的だ」「自分は『Aだ!』と言ってる人みたいに偏ってない」などと勘違いしていることです。

~中略~

コレ、本当にタチが悪い。それ、客観的なのではなくて、単に、「決断できない人間である」「選べない人間である」「自分の意見が持てない人間である」ってだけのことです

というようなとても日常的なことにも言及しているということです。

 

多くの人は普段なかなか考えないのではないでしょうか?

 

Chikirin日記を読むことでそういったものごとを考える”クセ”がつきます。

これかなり大事。

 

 

 

超有名ブロガーのブログ、まだ読んだことない人はぜひ読んでみてどうぞ。

d.hatena.ne.jp