読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ぼくは引きこもりが外に出られないこの世の中をぶっ壊したい

考え事いろいろ

 

 

ぼくには単位の関係で大学を2年で中退したMくんという友達がいます。

 

大学時代も大学をやめてからもしばしば連絡を取り合う中なのですが、先日久しぶりに僕がご飯に誘ったところあっさり断られました。

 

世間の白い目は引きこもりをさらに引きこもらせる

Mくんは両親と実家で暮らしています。

 

一時期は引きこもりのことで両親との確執もあったそうですが、今は何とか理解してくれているそうです。

 

ですが、世間はそんなことを理解してくれるわけもなく昼間コンビニに行くだけでも白い目で見られ両親に申し訳ない気持ちでいっぱいとのこと。

でも、外に出て働いたり学校に行ったりするのはまだ怖い。

 

でも、引きこもり期間が長くなればなるほど外に出づらくなるし....

とにかく今は外に出たくないからご飯には行きたくないとのことでした。

 

 

同じように苦しんでる人はとりあえず個人事業主になろう

と、こんなことを言っている僕自身も大学中退です。

 

まぁ、アパートに一人暮らししてるんでご近所づきあいなんかもほぼありませんし、生活費は自分で稼いでいるのでMくんとは境遇が大きく違いますが...

 

僕もそうですし、Mくんもそうなのですがニート、引きこもり、フリーターという肩書がすごくネガティブな気持ちを作り出し、行動を狭めます。

 

そのせいで外に出られないだとか何もできないという思考に陥るのなら まず肩書だけでも個人事業主になりませんか?

 

というと難しそうに聞こえますがすが、個人事業主(自営業)になるだけならすごく簡単です。

 

もっと具体的に言えば開業届という紙を税務署でもらってきてそれを記入するだけです。

 

わからないところがあれば税務署の人に聞けば親切に教えてくれます。

 

これで晴れてあなたも個人事業主。

 

ただ肩書が変わっただけ、それでも少しでも胸を張って外を歩けるならよくないですか?

 

 

引きこもりが外に出られないこの世の中をぶっ壊せるのは引きこもりだけ

開業届を出すことをオススメした理由はただ自分の気分を前に向かせるためだけというわけはありません。

 

せっかく開業届を出したならなんか行動を起こしてみませんか?

 

別に何をしてもいいと思います。

 

という話をするとMくんは「俺別に何かできるってわけでもないし...」と言っていました。

これを読んでいる引きこもりの方ももしかしたら同じことを思ってるのかもしれません。

 

僕の大好きなXJAPANのhideも言っていますが、何にもないってことそれはなんでもアリってことだから!!

 

ってか、なんもできないなんてことはないでしょう。

実際Mくんはめちゃめちゃゲームがうまいですし、独特の感性を持っていてブログを始めたら間違いなく僕よりも面白い記事が書けるでしょう。

 

別にブログじゃなくてもなんでもいいですよ。

とにかくなんか始めましょう。

 

今はいわゆる引きこもりに対する世間からの風当たりというのは残念ながら強いです。

 

でも、家の中にずっといてもできることはいくらでもあります。お金を稼ぐことももちろんできます。

 

そうすれば世間の引きこもりに対する見方も変わるでしょう。

 

それでもまだ「あの家の子引きこもって定職にもついてないらしいわよ~や~ね~」なんて言ってる老害がいたのならそんな古臭い考え方をしてるヤツを白い目で見てやりましょう。

 

欲しいものがあったら買いに行き、食べたいものがあったら食べに行く。

堂々と外を出歩きましょう。

 

ぼくは、引きこもり=いけないものではないと思います。

後に社会に出るにしろその人にとっては引きこもりの期間は必要なブレイクタイムですし、社会に出ないという選択肢もアリだと思います。

 

でも、今の世の中は引きこもり=いけないものという風潮があります。

 

そんな世の中をぶっ壊せるのは引きこもりだけだと思います。

 

僕はそんな世の中ををぶっ壊したい。