読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

全てはライバルに勝つためにストリングスファインダーをした

f:id:akairen:20160128113539j:image

 

多くのブロガーさんも記事にしているストリングスファインダーをぼくもやっとやってみました。

 

もくじ

 

 

強みを知ることで凡夫は天才に勝てる

 と、ぼくは確信しています。

 

 天才ではなくとも周りに自分より上の人がいてその人に勝ちたい、でも何をどうすればいいのかわからないという人は多いかと思います。

実際ぼくもそんな人間の一人です。

 

そんなときにまず初めにやらなくてはならないことは「自分の強みを見つける」事ではないでしょうか?

 

自分より上をいくライバルに勝つ、目標を達成するためこの本で自分の強みを知り伸ばすというのはすごく近道だと思います。

ぼくの5つの強みはこれだ

f:id:akairen:20160128113542p:image

 

 そんなぼくの強みはこの5つだそうです。

各強みを簡単に説明していくと

 

 

  • 未来志向

未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。

 

  • 最上思考

強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

 

  • 着想

新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

 

  • 目標志向

目標を定め、その目標にに向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、そのとおりに行動します。

 

  • 競争性

自分の進歩を他人と比較します。一番になるため、またコンテストで勝つために、相当な努力をします。

引用:http://information-retrieval.jp/blog/005-books/strength-finder/

いい感じでまとめられてたサイトがあったんで引用させていただきました。

 

5つ全て納得っちゃ納得。

 

何でもできる器用貧乏が嫌いで他がまるでダメでもなにかひとつ突出している人が好き(最上思考)

 自分より上の人に勝ちたいからストレングスファインダーをやる(競争性)

なんかは自覚症状もあるくらいですしたぶんぼくをよく知る人にこれを見せたらすごく納得することと思います。

 

自分の強みを知ってどうするの?

40万部売れているらしいこの本ですが、実際皆さんは何を思ってこの本を買っているのでしょうか?

 

なんか占いっぽくて面白そう?話のタネにやってみた?自分の強みってなんとなく知りたい?

こんなところでしょうか

 

 でもそれだけで終わってしまうってすごくもったいなくないですか?
 
この本を買って本当にやらなくてはいけないことというのは自分の強みを知りそれを伸ばすことです。
 
でも、その自分の強みを伸ばすというのをないがしろにしてる人は多いのではないかと思います。
 
というか、この本がBookoffで100円とかで売られちゃってる辺りを見ると多くの人が自分の強み診断をしてのちにこの本を売ってしまっていることがわかります。
 
ぜひ強みを見つけたところで終わらずにそこからせっかく見つけた強みを伸ばしてあげてください
 

さぁ、あなたも才能(じぶん)に目覚めよう

ということで興味が湧いた人は今すぐやってみましょう。

 

確かにこの強み診断をするにはこの本の巻末についているアクセスコードが必要なため新品を買わなくてはいけません。

なので普段Bookoffで本を買ってるぼくのような人はちょっと高いな~と感じるかもしれません。

 

でも、ここで一度自分の強みを知ることでここから先自分の何を伸ばせばいいかも見えてきます

 

そんなことも考えれば決して高くない買い物だと思います。

 

また、ぼくのようにある程度この本を読んだけど実生活でどのように強みを生かせばいいかわからないというぼくみたいな人は八木仁平さん(http://www.jimpei.net/)がこんなサイトを紹介してくれたんでぜひ見てみてください。