読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ぼくはついに「笑いのセンス」を身に付けた

 

f:id:akairen:20160119230422j:plain

どうもこんにちは、赤井です。

 

ぼくはこのブログを更新しながら常に目標としていることがあります。

それは、「地上最強のブロガーになる」ことです。

要は、ブロガー王に俺はなる!

 

ってことです。

 

今にも「ドンッ!」という効果音が見えてきそうな一言。

明日の今頃ぼくはグランドラインを突き進んでるかもしれません。

日曜日の暇つぶしに皆さんもいかがでしょう?

趣味:航海なんてかっこいくないですか?

 

ブロガー王になるために越えなければならない壁

そんなことを言ってもブロガー王になるのは簡単なことではありません。

 

地上最強のブロガー、つまりブログ執筆がオリンピックの正式種目になったときに各国代表よりも0.1点でも多くの芸術点を獲得しなくてはなりません.....

 

というのは話が早く、まずブロガー日本代表にならなくてはいけませんね。

日本代表を決める選考会「ブロガー甲子園」で日本ブロガー協会の審査員達をうならせなくてはいけません。

 

ですが、その「ブロガー甲子園」に出るためにはまず北海道最強のブロガーにならなくてはなりません。

要は北海道代表です。

 

ですが、ぼくのいるここ北海道にはバケモノがいます。

その名はテツ・ヤマモト

 

f:id:akairen:20160130231117j:plain

誰もが認める面白い記事を書きまくる「面白ハンター」はここ北の大地北海道ではもう有名になりつつあります。

 

www.yamamototetsu.com

先日もこんな記事を書いていました。

この面白さは認めざるを得ない。

 

そんな彼を倒さない限りぼくは地上最強はおろか北海道最強にすらなれません。

 

 

もっと面白い記事を書きたい、、、

もっと面白いことがしたい、、、

そんなことで頭がいっぱいになった結果

 

 突然こんなことをつぶやいちゃったワケです。

 

 

 

笑いのセンスはどう身につければいいの?

笑いのセンスがないことにはぼくがどう頑張ってもそれを身につけることはできません。

 

では、笑いのセンスはどこで手に入れればよいでしょう?

 

どこかに売っているのでしょうか?

 

そんなものが売っていたら平日深夜にやっているあの面白くない深夜番組なんて存在するわけありませんね

どこにも売っていません。

 

野生の笑いのセンスがどこかにいてそれをつかまえればいいのでしょうか?

 

どこに生息するのか、どうやってつかまえればいいのかわからないのでとりあえずGooGleで検索してみましょう

 f:id:akairen:20160131101610p:image

 どれだけ調べても出てきません

どうやら笑いのセンスは野生では生息していないようです

では、どうすればいいのでしょうか?

 

 

笑いのセンスを作ろう

こうなったら笑いのセンスを自分で作るしかありません。

早速材料を揃えましょう

 f:id:akairen:20160131095721j:image

 

今回必要なものは

・扇子

・マジック

 以上2点です。

どちらもお近くの100円ショップでそろいます。

 

作り方も簡単

f:id:akairen:20160131101625j:image

こんな感じでこの扇子にマジックで大きく「笑い」の二文字を書くだけ! 

あっと言う間に「笑いのセンス」の完成です。

 f:id:akairen:20160131101643j:image

 

笑いのセンスを身に付けよう

 

さぁ、せっかく作った「笑いのセンス」も身に付けなくては意味がありません。

ということで身に付けてみましょう。

 f:id:akairen:20160131101651j:image

f:id:akairen:20160131101726j:image

 頭の先から足の先まで笑いのセンスに満たされています。

 

f:id:akairen:20160131101743j:image 

そうこうしてるうちに肩からも笑いのセンスが生えてきました。

 

 

 f:id:akairen:20160131101754j:image

ここまで笑いのセンスを身に付けると表情からも笑いのセンスがうかがえます。

 

いかがでしょう、面白いことがまるでできないということがコンプレックスのそこのあなたもまずは笑いのセンスを身に付けることから始めてみては。

 

しかしひとつ気を付けないといけないことがあります。

それは...

 

この笑いのセンスを身に付けるというくだりが圧倒的に面白くないということです

 

 

自己責任でぜひお試しください。