読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

写真初心者のあなたが一眼レフを持つ時考えるべき3つのこと

f:id:akairen:20160119231253j:plain

 

どうもこんにちは赤井です。

 

2月に入り一層寒さが厳しくなっってきた今日この頃。

ですが、その澄んだ冷たい空気と地域によっては雪などもあり景色がより一層きれいになる季節でもあります。

 

お出かけする機会が増えるという方も多いのではないでしょうか?

 

何を言いたいかと言いますと、写真始めたい、カメラ欲しいと考えてるあなた、始めるなら今でしょ!

 

ってことです。

 

こういう人がうだうだカメラを買わない理由として多いのが「カメラのことなんもわかんない」

 

ということで今回はカメラをこれから買いに行こうという人が考えるべきこと3つ紹介していきます。

 

 

え~?!カメラいっぱいあるけどどれにしよう?という人

いざ電気屋さんに行きカメラを見てみるといろいろな会社がいろいろな種類のカメラを出しています。

 

一眼レフと言っても普通のデジタル一眼もあればミラーレスもありどれがいいのかまるでわからないと思います。

 

ネットで調べてみたり、店員さんに聞いてみたりしてもいろんな話が出てきてなぜかコンデジ勧められて余計わからなくなったというのは1年半前のぼくです。

 

そんなあなたにここでカメラ初心者のカメラ選びのコツを教えたいと思います。

 

それはずばり、パッと見でカッコいい(かわいい)と思った物を買う。これに尽きます。

 

といのも、カメラ初心者がいろいろな情報を見ても電気屋さんで実際に軽くカメラを持たせてもらってもその良し悪しなんてわかりません。

 

それなら今はパッと見で気に入ったのを買いましょう。

ちなみにぼくのはこのカメラの3世代前のものです

 

 

 

いや、テキトーかよ~と思われるかもしれませんが、これ結構重要なんです。

なぜ重要なのか、それは後で説明します。

 

カメラを買った日に写真集も一冊買おう

ぼくはこれを非常におすすめしています。

 

というのも、いい写真が撮りたいと思っても初心者のうちはそのいい写真というものが具体的にわからないかと思います

 

ですが、どんなものでもいいので写真集を1冊買ってパラパラめくってみるとお気に入りのページ、お気に入りの写真というのが出てくると思います。

 

それが自分がこの先どういうものをどのように撮りたいのかを具体的にしてくれます。

 

カメラを買った帰りにはぜひ本屋さんにも寄ってみていろいろな写真集を手に取り、気に入った1冊をぜひ買ってみてください。

 

写真集なんて普段ほとんどの人が見ないと思いますがすごく面白いですよ。

 

カメラ雑誌なんかもおすすめです

 

 

写真を上手く撮れるようになりたいならまず...

 

カメラを買いました。

全ての初めてカメラを買った人が最初に思うことは「写真上手に撮りて~」だと思います。

 

とても自然でとても良いことだと思います。

 

実際ぼくもそれほど写真が上手いわけではありませんがカメラ初心者の人に「どうやったら上手く撮れるようになるんですか」と聞かれることが最近増えました。

 

確かにテクニック的なものはいろいろとあります。

でも、カメラを買ったばかりの人がまずしないといけないことは

とにかくカメラを持ち歩いて1回でも多くシャッターを切る

 

これでしょう。

 

まず、とにかくどこに行くにもカメラを持ち歩いていろんな場所で自分の思うままに写真を撮ってみましょう。

 

そうです、先ほどのカメラ選びの時に「とにかくパッと見で気に入ったものを...」といったのは、どれだけいいカメラでも気に入っていないカメラは持ち歩かないからです

 

デジタル一眼を買った方は確かにそこそこの大きさや重さがありますし持ち運ぶのは少し面倒に感じてしまうかもしれません。

 

でも、上手な写真を撮るためにはどこにでもカメラを持っていくということが圧倒的近道なのでぜひ頑張ってみてください。

 

動物園なんかで写真の練習をするのは超おすすめです。

akairen.hatenablog.com

 

最近の 一眼レフやミラーレス一眼の性能は本当にすごいのでちょっとコツさえつかめば簡単にきれいな写真が撮れちゃいますのでみなさんも頑張ってみてください。