読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

武器として書く技術が800円?! イケダハヤトさん、今すぐ値上げしませんか?

 

どうも、赤井です。

 

先日こんな記事を書きました。

 

www.akairen1007.com

 ぜっっっっっっったいにバズる自信がありました。

 

今月は全然ブログを更新できてなかったぼくですがこの記事ひとつで一発逆転満塁ホームランだ!と。

 

しかし、全くと言っていいほど読まれない!!!

 

まさに絵に描いたような大爆死をしました。

 

しかも誰もコメントとかも残してくれないから何がダメだったのかすらわからない...

 

ぼくは途方に暮れました。

そんな中ついに「ブロガーのバイブル」との呼び声の高いプロブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)の「武器として書く技術」に手を伸ばしたのです。

 

 

もくじ

 

5か月ブログを書き続けたぼくは「文章が残念な人の10の特徴」に5つも引っかかっていた

なぜぼくのこの前の記事は読まれなかったのか、さらにはなぜ5か月ブログ運営しているにもかかわらず全然PV数が伸びないのか。

 

その答えの全てがこの本の1章にありました。

 

ぼくの記事はこの「文章が残念な人の10の特徴」に5つも当てはまっていたのです。

 

文章が長い 一文が長い

例えばこの記事

 

www.akairen1007.com

 

今は「来年度末にはプロニートになる」と言っていても10月くらいになってヤバそうになると「夏くらいまでにバイト辞めてればよくね...?」とズルズルと目標を先延ばしにしてしまうでしょう。これはどうにかして防がねば...

長っ!!!

 

いや、「これはどうにかして防がねば...」は改行してから書けよ!!

 

目標の先延ばしとか以前にとりあえずぼくはこの超読みづらい長文を書くことをどうにかして防がねば...

 

 同じ語尾が続く

 このブログで1番読まれた記事です

www.akairen1007.com

 「~です」「~ます」「~でしょうか?」の3種類の語尾しか使ってないと言っても過言ではない...

 

1番読まれた記事でこれです。

そりゃPV数がなかなか上がらないのも何ら不思議ではないですね。

 

私的すぎる

問題の先日の記事ですが

www.akairen1007.com

 はい、まさに私的な文章

もはや私的でしかないです。

 

これがバズると錯覚してたって辺り昨日のぼくはすごい...

「~だと思います」「~な気がします」が多すぎる

 例えばこの記事

www.akairen1007.com

 「正直誰も得しないと思うんですよ。」「自分に必要がないとかそれ以外にやりたいことがあるという人はどんどん休むべきだと思いますよ」など「思います」だけで5回も使っちゃってます。

 

さらにこの記事最後の文も「でもその手助けをするということこそが親が子供にすべき教育だと思いますよ」で終わっています。

 

これは読まれない...

 

最後まで読まないと結論がわからない

 これも最近の記事です

www.akairen1007.com

 

いや、結局やりたいことは謎企画の募集かよ!!

 

いや、木村拓哉の話も書きたいことではあったんですよ...

 

こういう時は次から2記事書きます...

 

この本はもくじに目を通すだけでブロガーとしてレベルアップしまくれる

ぼくも結構読書をするサイドの人間なのですが、普通「本を読んだだけ」では読書の恩恵は受けられません。

 

本を読んで、その本から学んだことを実行する。

それまで自分がしてこなかったことをやってみる、習慣化させる。

 

というような「行動」が伴って初めて読書は効果を表します。(それで日々の生活が豊かになる本というのがいわゆる「よい本」です)

 

しかし、この本はまさに「読むだけ」でも確実にブロガーとしてのレベルが上がっちゃいます。

さすがは「ブロガーのバイブル」と呼ばれるだけのことはある!

 

というのも、この本のもくじからまず「つい読みたくなっちゃうワード」や「うっかりページをめくっちゃう書き方」で埋め尽くされているんです。

 

イケハヤさんのこの目次でのつかみに括目せざるを得ない

ぼくがまずこの本に目を通して感じたのが「目次のつかみ方がすごい」ということです。

 

読み手のハートをわしづかみ。

 

そんな目次がこちら

 

目次

はじめに 新しい時代には新しい「書く技術」を

1章 文章が残念な人の10の特徴

2章 凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

3章 月40万字書き続ける10の秘密

4章 ここまで公開していいのか?書いて月50万円稼ぐ法

5章  書く技術はこんなに人生を豊かにする

おわりに 書くだけで人生が変わる

細かな節は省略させていただきましたがこんな感じになっています。

 

まず、1番最初に思うのは「具体的な数字を出している」ということですよね。

これがあるとつい読みたくなってしまいますね。

 

例えばこの目次を多少改変した「文章が残念な人の特徴」だとか「ここまで紹介していいのか?書いて稼ぐ法」なんかと見比べてみるとその差は一目瞭然。

 

次に思うのが「凡人の文章を最強の文章に変える」というような表現、この本の中でいうところの「コンプレックス系のワードを使ってタイトルを付ける」というヤツですね。

やっぱりこれがあるとつい読みたくなってしまいます。

 

もくじを見るだけでもこれだけ多くのことが学べますよ。

 

ブログで月50万稼ぐ人のノウハウがここまで詰まってて800円ってのは逆にヤバいっしょ...

 「ブロガーのバイブル」とも呼ばれるこの本、お値段は800円(2016年3/30日現在)。

 

この情報量と情報の質でこのお値段はヤバいです。

というか逆にダメなんじゃないでしょうか?

 

例えば、こちらのSDカード

 

 タイムセール中ということもありますが16GBで695円です。

安い!!

 

でもみなさんどうでしょう?

こんなに安いと「データすく飛んだりとかするんでしょ?」だとか「海外製で超粗悪品だったりするんでしょ?」とか思っちゃいません?

 

もっと簡単に言うと、

めちゃめちゃうさん臭くないですか?

 

これと同じですごく良いもの感を出しているのにもかかわらず安いものというのはどうしてもうさん臭さが出てしまいます。

 

「ブログで月50万稼ぐイケダハヤトのノウハウ本が800円」

これ逆に買いづらいと思うんですよ!!

 

ってことでイケハヤさん、この本をたまたま目にして買うか買わないか迷ってる読者のためにも勇気を出して値上げしませんか

 

ちなみにこの本を買って2日で3回読んだぼくは3倍の値段だったとしても絶対買いますね

 

あっ、まだ読んでないブロガーさんとかはガチで値上がりする前に早めに買ったほうがいいですよ!!