読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

DaiGoファンのぼくが選ぶ絶対に読むべきDaiGoの本8選

読書

 f:id:akairen:20160511224727j:image

どうも、赤井です。

 

このタイトルを見てみなさんはやっぱり北川景子と結婚した方のDAIGOをイメージしちゃうんですよね...

今回お話するのはメンタリストのDaiGoさんの本についてです。

 

 DaiGoさんと言えばやはりフォーク曲げや相手の選んだ色を当てる読唇術などのパフォーマンスで有名ですが、実はすごい多読家で1日に何十冊も本を読んでいるとか。

 

そしてまだ20代にも関わらず20冊以上の本を執筆していますがさすがすさまじい量の本を読んでいるだけあってどの本もとてもわかりやすくいです。

 

そんな名著ばかりのDaiGoさんの本の中からDaiGoさんの本をすべて読んだ超DaiGoファンのぼくが特におすすめの8冊を紹介していきたいと思います。

もくじ

 自分を変えたいならまず「ポジティブ・チェンジ」を読め

 DaiGoさんの著書の中でぼくが一番おすすめしたいのがこの本です。

 

 自分を変えるのに努力だとか精神論的なものがいかに間違っているか、そして自分を変えることって意外と簡単で楽しいことだということがわかっていただけることと思います。

 

ぼくはこれを読んで何をするにしても自信を持てるようになったのはもちろん、サラダや野菜ジュースを積極的に摂るなど食生活がガラリと変わったりとすさまじい影響を受けました。

 

「自分を操る超集中力」を読んで集中できない自分にさよならバイバイ

昔からぼくは何をするにしても集中力がなく、同じ作業をする他の人より段違いに作業効率が低くそれがかなりコンプレックスでした。

 

そんなぼくはこの本を読んで書いてあること実行してみたら日々の仕事時間が約25%削減できたりと、じわじわとですが集中力が上がってきているのを実感しています。

 

この本の良いところはなんといっても集中力を上げる(集中力を上手に物事に向ける)方法が具体的に書かれてあり、本を読んだあとにその本の内容を実行しやすいところにあります。

 

つまりこの本を読めば誰でも確実に集中力が上がると考えていいでしょう。

 

集中力がなくて悩んでいる過去のぼくのような人は今すぐ買いましょう。

 

さらに詳しいレビューはこちらをどうぞ

 

www.akairen1007.com

 

読書が苦手な人はとりあえず「マンガでわかる 最高の結果を引き出す心理交渉術」を読め!

テレビなどでメンタリストDaiGoさんを見たり、心理学に興味を持ったりしたものの、日頃読書をしないから難しい本はちょっと...という人にオススメの本です。

 

日常生活や仕事などで役に立つ心理学が漫画でサラサラっと頭に入ってきます。

 

また、ストーリーのある漫画なので心理学の知識がある程度ある人でもどういったシチュエーションで使えばいいかが学べるので買う価値は十分あります。

 

ちなみにぼくは大学で心理学を学んだのでこの本書かれてあることは知識として頭にありましたが、この本を読んでそれらをどういった場面で使えばいいのかがわかり人狼ゲームがめちゃめちゃ強くなりました。

「メンタリズム」を読んで手に好印象を持たれるために何をしないといけないかを考えろ

 

 相手の心を読むといったパフォーマンスを得意とするDaiGoさんが日常生活での円滑な人間関係や相手の心を動かす簡単な方法をまとめた一冊です

 

メンタリズムの基礎は「観察」と「操作」というだけあって相手の目の動きや口元から相手がどのようなことを考えていてその時自分がどういう行動を取るべきなのかがとてもわかりやすく書かれています。

 

初めて会う人と話すのがとても苦手なぼくのような人は必読の一冊

文章を作る人はとりあえずみんな「人を操る禁断の文章術」を読め

最近読んだ本の中で1番記憶に残ってるいい本。

 

また、ぼくはこれを読んでから書いた記事がめちゃめちゃ読まれたってこともあるんですけどね(笑)

 

人を操る禁断の文章術使った直後ぼくの記事はスマートニュースに載った - あしたしぬかもよ?

 

この本の中ではひと意識に刺さり人を動かす文がどのようなものか、そのテクニックが書かれている一冊です。

 

会社で企画書を書かないといけないサラリーマンはもちろん、SNSで日常的に文章を作る習慣のある高校生大学生なんかも絶対読んでおくべき一冊です。

 

「人生がラクになる7つの方法」を読んで自分に悪影響を及ぼすストレスを抱えるのはもうやめよう

過去にストレスから不眠症を患ったぼくですが、今ではかなりそういったストレスともうまく付き合えるようになりました。


後半の実例アドバイスの部分なんかは高校生や大学生が抱えがちな悩みについて多く書かれていますので普段あまり本などを読まない高校生や大学生なんかには特におすすめの一冊です。

 

詐欺師も愛読してる?!「一瞬でYESを引き出す心理戦略」

なんでもこの本は詐欺師も愛読しているとか...


DaiGoさんはそういった詐欺などに引っかからないようになってほしいとこの本を執筆したそうなのですがそれほど良い本なのでしょう...


まさに日常生活で実践できる心理学の本という感じの本です。


ぜひこの本を読んだらその中のひとつでも実践してみてください。


上手く行き過ぎてびっくりしますよ!

 

「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れを読んで」男女で接し方を変えたらコミュニケーションが楽になる

先ほどの一瞬でYESを引き出す心理戦略の続編です。

 

ぼくなんかも女の人の接し方がわからなさ過ぎて困っていた人間のひとりだったのですが、この本を読んでまず男女の脳は全く違うものということをようやく理解しました。

 

さらにそれぞれどういう風な接し方をすればいいのかという具体的な方法も書かれているので、ぼくはこの本を読んでから女の人に接するときのストレスがなくなりましたので異性との付き合い方がイマイチわからなくて困ってるという過去のぼくみたいな人はとりあえずこれを読みましょう/p>

 

まとめ:メンタリストDaiGoの本はとにかく読みやすい

 

ぼくはDaiGoさんの本の最大の良さはこれだと思っています。

 

とにかくわかりやすくサクサク読めますが内容が薄いということはなく、日常生活に活かしやすい。

 

どの本も普段あまり読書をしないという人でもしっかり読み切れるでしょう。

 

また、近年DaiGoさんの本はかなり人気ということもあり読みたい本が簡単に手に入るというのもいいですよね。

 

なんとなく心理学に興味が出てきたという人が最初に読むにはもってこいなので今回紹介したものの中に気になるものがあればぜひ一度読んでみてください。

どれもかなりおすすめです。