読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

月収10万でも金欠にならないぼくがお金を使う時に考える3つのこと

お金のこと

 

f:id:akairen:20160808233351j:plain

・お金ないから今日はちょっと....

・あと〇日〇千円で生きなきゃ...

・給料は行ったら絶対返すから〇円貸して!!

 

みたいなセリフを毎月月末になると必ず口にしてたりしませんか?

 

けど月収10万のぼくみたいなニートでもちゃんと考えてお金を使えば金欠なんてありえません。

 

今回はそんな「金欠」という単語とさよならバイバイできちゃうお金の使い方を紹介していきますよ~

 

何にいくら使っているかしっかり把握する

 

 まず金欠になりがちな人に多い特徴として「普段自分が何にいくら使っているかを把握していないまたなんとなく把握している気になっているだけで実際に計算していると予想と大きく違っている」というものが挙げられます。

 

きっと思い当たる節があることでしょう。

 

そういった人たちはまずいつも自分が何にいくら使っているかを把握するところから始めましょう。

 

まずは数か月家計簿を付けたりすればなんとなく自分がどういったものにどれだけお金をかけているかわかりますし、そのうえで金欠になる前にどこを削れば金欠にならずに済むのかという対策も立てられます。

 

何にお金をつぎ込むのか明確にする

 

 よく勘違いされがちなのですが「金欠にならない=お金をほとんど使わない」というわけではないです。

 

実際ぼくもほしい本はいつも迷わず買ってますし、好きなアーティストのライブなんかも行きまくってます。

 

つまり、常にお金に余裕がある人というのはあくまで無駄遣いをなくし、そのうえで自分が本当に欲しいものにはしっかりお金をかけています。

 

ここで大事なのがその自分が本当に必要としているものが何なのかを明確化し、それ以外のものに使わないということです。

 

実際ぼくは欲しいものにはお金を惜しみませんが、飲み会には一切お金を使いません(個人的に飲み会は無駄だと思っているので)

 

というように無駄遣いを徹底的に防げる様になれば金欠になることはまずなくなります。

「これは〇〇何回分だから~」的な考え方をする

 

 先述した「自分が何にお金を使うかを明確化しそれ以外のことには使わない」というのは意外と難しく、普通に生きていれば誰しもさほど必要性はなさそうだけれどもなんとなくほしいものというのが必ず出てきます。

 

そういったときは「これは〇〇(自分が本当にお金をかけたいもの)何回分だけどお金をかける価値はあるのだろうか?」と考えるようにしましょう。

 

例えばぼくの場合なら「飲み会一回行くお金で欲しかった本3冊買えるけど行く?」

みたいな感じです。

 

確実に行きたくなくなりますね。

 

まとめ:お金を稼ぐと同時に有効に使うということを考えよう

何気なく無駄遣いをして毎月金欠になってるという人は確実に稼げるお金が増えてもお金が足りないという状況に陥るでしょう。

 

news.livedoor.com

この記事にもあるようにお金はその使い方をしっかり考えて使わないことには幸福度を高めてはくれません。

 

今慢性的にお金がないという人はどうやって今よりもお金を稼ぐかということを考えるとともにどうお金を使うかということも考えるようにしないと金銭面で豊かになるという日は来ないでしょう。