読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

大事なことを決めるとき相談相手に親を選んではいけない4つの理由

考え事いろいろ 大人ってバカだな~

 

f:id:akairen:20160825055602j:plain

 

進学、就職(転職)などで迷ったときに最初に親に相談を!という人は多いかと思います。

 

というか、親は相談しなくても口を出してきますよね?

 

実際ぼくも高校進学や大学進学、もっと昔は習い事や遊ぶ友達まで親に口を出されてきました。

 

そんなぼくですがこれだけは断言できます。

何かを決断するときに親の意見を聞かないほうが幸せになれるぞ!!

 

ぼくは大学を中退するとき初めて親の意見を聞かずに中退を決めましたがその結果幸せいっぱいのニートになれましたから

 

 

 

子供の幸せ?いや、安心とか安定の方が大事です

多分これを言うとまたなんかいろいろ言われると思いますが、これが事実です。

 

親に何かを言って反対されたときに「あんたのことを思って言ってる」と言い子供の幸せなんかは考えているフリをしているだけで自覚があるにせよないにせよ考えていることは「自分のわからないことをされるのが不安、今の安定した状態で波風立てずに生きろ」ってことです。

 

自分のやりたいことをするよりも安全に行きたいという人は是非親のいうこと()を聞くといいと思いますよ。

 

親は思ってるよりすごくないぞ!過度に期待するのも過大評価もやめよう!

確かに親は自分よりも長く生きています。

 

でも、親ってそんなにすごくないぞ!ってハナシです。

 

あなたに勉強しろ勉強しろと口うるさく言っていた親はどれだけの知識がありますか?小学校で習う内容すら覚えてないという人がほとんどですよ。

 

人生経験は豊富だぞ!という声が聞こえてきそうですがそんなすごいことしてきてますか?

 

それともただ生きてるだけで人生経験?

 

年齢=有能さだとしたらプロ棋士の羽生さんが25歳で7冠なんて達成できるわけありませんからね?

 

ということです。

 

親に相談すれば素晴らしい答えをくれるのでは?というような過度な期待や「親」という肩書だけで過大評価をするのはやめましょう

 

親の生きてきた時代と今は全然違うし、これからもどんどん変わっていく

親の方が長く生きてきていろいろなものを見てきたから言うことを聞け!みたいなことを言われがちですが、残念ながら親の生きてきた時代と今、そしてこれから先は大きく違いますし、これからもどんどん変わっていきます

 

ですので親が今までの人生経験()で得た知識というのがどのくらい役に立つのかなんてわかりませんし、その人生経験というのはただの凝り固まった偏見という可能性も大いにあります。

 

パソコン、スマホがなく白黒テレビ時代の「俺の若いころは~」なんて話されてもなんの役にも立ちません。

 

親の意見を聞いて失敗しても親は何の責任も取ってくんないぞ!

 

親だからと自分の考えを曲げてその親の意見を取り入れて自分の思うような結果や生き方ができなかったとしても親は何の責任も取ってくれません。というか責任なんて取れません(当たり前だけど...)

 

自分で何かを決めるのが怖いから、相談をするということで失敗した時のダメージを少しでも減らしたいからという理由で相談をするのはやめましょう。

 

誰の意見を聞いたとしても最終的に決断を下すのはあなたですし、その結果の責任を取るのもあなたです。

 

じゃ誰に相談する?いや、相談なんてしなくてよくね?

じゃあ、進路のこと、就職のこと、転職のこと、これから先の人生のことなどを親以外の誰に相談すればいいの?という話になりますよね?

 

でも、よく考えてみてください、相談する必要ありますか?

 

リスクを冒すのが怖いというだけで自分がどうしたいのか、どう生きたいのかってなんとなく自分の中で答えって出てませんか?

 

もちろん相談するのが悪いことではないのかもしれませんが、人間は変化を嫌う動物なのであなたが大きく何かを変えよう、変わろうとしたときほとんどの人はあの手この手で反対しますよ?

 

そう、相談したところであ家から帰ってくる答えなんて大体決まってるんです。

 

それでもまだ相談しますか?

自分の大事なことくらい自分で責任を持って決めませんか?