読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【人生が変わる!】セルフ コントロール能力を強化する4つの方法

考え事いろいろ

 

いつの間にか衝動買いをしてしまっている

なかなかダイエット成功させられない

仕事や勉強中身の回りの誘惑物に負けて手が止まってしまい目標を達成できない

 

みたいなことで悩んでる皆さんこんにちは、プロニート未満の赤井です。

 

先ほど紹介した3つのどれか一つでも当てはまるという人は自分でも気づいているかもしれませんがセルフコントロール能力(意志力、自制心、自己コントロール能力などとも言います)の低い人です。

 

かくいうぼくも少し前までセルフコントロール能力がかなり低い人間で毎日7時間半寝ているにもかかわらず昼寝が日課になっていました。

 

でもセルフコントロール能力を意識して強化するようになった今もう昼寝なんてしなくなりました。

おかげで日中の仕事がサクサクサクサク進みます。

 

今回はそんなぼくが試したセルフコントロール力を上げる方法を紹介していきます。

 

 

 

セルフコントロール能力が低いとどうなるの?

ではまず、セルフコントロール能力が低いとどういった不利益を被るのかということから説明していきましょう。

 

やらないようにしていることをやってしまいがちになり、やらなくてはならないことをやらなくなる

まず、セルフコントロール能力が低いと先述した通り不必要なものを買いたいという衝動が抑えられず衝動買いをしてしまったり、食べたいという衝動を抑えきれずにダイエットに失敗したりなど何かをやらないようにしようとしてもやってしまう、つまり誘惑に弱い体質となってしまいます。

 

また、これも先述した仕事や勉強などのやらなくてはいけないことが目の前にあるにもかかわらず身の回りにある誘惑(スマホ、ゲーム、漫画など)に負け手を止めてしまうというようなヤツですね。

 

外国で太ってる人=能力がない、仕事ができないとみられているのは太っている人=セルフコントロール力がない人ということだからです。

セルフコントロールが低いと損だらけ

セルフコントロール能力の欠如によって被る損害はすさまじいです。

 

まず、先ほども話したように衝動買いの影響で慢性的な金欠になったり、ダイエットは失敗しまくりでいつまでたっても肥満体系。

 

高い目標を掲げていても目の前にあるやらなければならないことをおろそかにしてしまいがちになるので目標は達成できず、その上周りからは無能のレッテルが貼られます(というか無能そのものですが)

 

さらにセルフコントロール能力の低い人は感情の高ぶりが抑えきれずちょっとしたことで喧嘩にもなってしまい人間関係にも影響が出てしまいますし、幼少期のセルフコントロール能力が低い人というのは将来アルコール依存症や薬物依存症になりやすくなるというデータもあります。

 

いや、マイナス面すごすぎ!!!

 

これは今すぐセルフコントロール能力を鍛えるしか!!!

 

セルフコントロールを強化しようするために今すぐやるべき5つのこと

瞑想をしよう!

瞑想をすることでセルフコントロール能力が鍛えられます。

 

というのも、瞑想自体が呼吸に意識を集中させて呼吸からどこか別のところに意識が向いてしまったらその意識を呼吸にまた戻すというものなので瞑想をしている時間というのはまさに意識的に自分をコントロールし続けていることになります。

 

セルフコントロール能力を鍛えたいという人はとりあえずまずは1日2分でも3分でもいいので瞑想をするところから始めましょう。

 

瞑想のやり方がわからないという人はこちらの記事をどうぞ↓

 

 

www.akairen1007.com

 

 

セルフコントロール能力を使う先を絞る

セルフコントロール能力には限度があり、どんなにセルフコントロール能力の高い人でもセルフコントロール能力を使い切ると誘惑に負けやすくなったりしてしまいます。

 

なのでセルフコントロール能力を使って何かをやる、何かをやめるという時はあれもこれもとなってはいけません。

 

それをするとどれも中途半端に失敗してしまいます。

 

なので例えば「今はとにかく痩せる!」と決めたら禁煙もしたかったとしても痩せるまでは禁煙をしないようにするというように自己コントロール能力を向ける先を絞ってしっかり自己コントロール能力を発揮できるようにしましょう。

 

自己否定をやめる

自己否定は今すぐやめましょう。

自己コントロール力がグングン下がります。

 

目標に少し届かなくなったからと言って自己否定すると「もういいや」という感情が生まれます。

 

これはどういうことかというと例えばダイエットをしていて、1日の摂取カロリーの上限を決めていたのに超えてしまった。

 

この時に「またダイエット失敗する」「どうせ自分にダイエットなんか無理なんだ」という風に自己否定すると「もういいや、ダイエット辞めちゃえ」という感情を引き起こすきっかけになってしまいます。

 

自己コントロール能力を発揮して目標を達成するためには途中で躓いた時にしっかり自分を許すということを心がけましょう。

 

セルフコントロール能力を発揮できる環境を作る

 

どんなにセルフコントロール能力が高い人でもかわいい子からLINEが着ていたらやりたいことそっちのけでLINEをしてしまいますし、自己コントロール能力が低い人でも部屋にテーブルと数学の問題集とノートとペンしかなければ問題を解き始めます。

 

つまりセルフコントロール能力を発揮できるか否かというのは環境要因に非常に左右されるということです。

 

なかなかダイエットに成功できないという人はまず冷蔵庫の中を空にしてみましょう。

 

いつの間にかスマホをいじってしまい勉強に集中できないという人はスマホを電池切れにしておきましょう。

 

というように自己コントロール能力を発揮したいならば発揮しやすい環境を整えることも忘れないようにしましょう。

 

 まとめ:自己コントロール能力はいつどんな場面でもあなたを助けてくれる

 

 自己コントロール能力を高めれば何か新しい知識を身に付けたい、新しい知識を身に付けたいという時や、何かを始めたい、何かを辞めたいなどに誘惑に負けずその目標を達成しやすくなります。

 

これは生きていく限りはどんな場面でも生きていく能力。

ぼくはそんな自己コントロール能力は英語などの世間一般的に身に付けるべきと言われている能力と同じかそれ以上に身に付けるべきものだと思っています。

 

達成したい目標や叶えたい夢がある人なんかは特にこの自己コントロール能力を意識してみてはどうでしょう?