読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【3年愛用】一眼レフ初心者はとりあえずCanon EOS KissX50を買っとけ!

写真 おすすめアイテム

 f:id:akairen:20160911231729j:image

どうも、プロニート未満の赤井です。

 

ぼくは3年前のちょうど今頃初めて一眼レフカメラCanon EOS KissX50を買いました。

 

買う前はは一眼レフ初心者あるあるの「上手く撮れるかな~?」だとか「コンパクトデジタルカメラよりかさばるからすぐ持ち歩かなくなったらどうしよう?」みたいな不安がすごくありましたが、それまで写真を撮り続けていたスマホのカメラとの画質の違いに感動し今ではどこに行くときも常に持ち歩き写真を撮りまくってます。

 

一眼レフ初心者で度のカメラを買えばいいかわからないという人はとりあえずこのCanon EOS KissX50を買っとけば間違いないですよ!

 

 

どうしてCanon EOS KissX50にしたの?

ぼくが一眼レフを選ぶときに重視したポイントは大きく2つ、メーカー、値段です。

 

 

多分これから一眼レフを買う初心者の多くもぼくと同じようなポイントで悩んでいるかと思います。

 

ここではそのそれぞれどういった点でCanon EOS KissX50を買うという選択に至ったのか紹介していきたいと思います。

 

一眼レフ初心者はとりあえずメーカー選びだけは慎重に!

まず、一眼レフをこれから買うという人にひとつ注意しておかないといけないのが最初に買った一眼レフのメーカーの製品を一生使い続けることになるぞ!ということです。

 

というのも、一眼レフはカメラ本体とレンズの互換性がなければ写真が撮れません。

 

そんなことから最初にひとつカメラを買って、少し慣れてきたらどんな写真を撮りたいかに合わせてレンズを買って....という風に一個数万円のレンズを買い集め始めてる途中で「やっぱり他のメーカーのカメラが良い」となるとまたイチからレンズを買い集めないといけないので大変です。

 

なのでよっぽどこだわりがない限りはレンズの種類がたくさんあり、そのレンズも手に入りやすいということからNikonCanonを選ぶのが良いかと思います。

 

ぼくもこの2社で迷いましたがデザインの好みでCanonにすることにしました。

 

一眼レフを手にするのは初めてだし、カメラ本体は消耗品らしいし...ということで安いモデルを買ったものの驚きの高画質

レンズ部分は半永久的に使い続けられるのですが、一眼レフ本体は消耗品と言われています。

 

ましてはじめて一眼レフを手にする初心者がそんなに高いのは買えない...ということでぼくは予算5万円くらいで考えていました。

 

そんな中このCanon EOS KissX50はなんと中古で3万円を切っていました。

 

そんな超お安いエントリーモデルの一眼レフですので機能や画質ははそこまでかな?と思っていたのですが、

 

ちなみにCanonのエントリーモデルは2016年9月現在ぼくの使っている EOS KissX50の後継機の EOS KissX80、EOS Kiss X7、EOS Kiss X7i、EOS Kiss X8i、EOS 8000Dがありますので詳しくはこちらをどうぞ

 キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ| 商品一覧

 

今まで撮影したものの一例、iPhoneのカメラとの比較

 ここにある写真は全て素人のぼくがEOS KissX50で撮ったものです。

f:id:akairen:20160911225012j:plain

f:id:akairen:20160911225423j:plain

f:id:akairen:20160911225842j:plain

さらにiPhoneのカメラと一眼レフを比べてみると

 

f:id:akairen:20160911230307j:plain

 f:id:akairen:20160911231818j:image

というように上(iPhoneで撮った写真)とした下(EOS KissX50で撮った写真)の差は歴然!

 

ってかもうなんか別の日に別のもの撮った写真みたいになってますけど、同じ日に同じものを撮った写真です

 

実際に使ってみてわかったCanon EOS KissX50の良い点

初心者でもいきなりいい感じの写真が簡単に撮れる

 やっぱり一眼レフというと被写体や周りの明るさなどに合わせていろいろな設定をしないといけない、それができないときれいな写真が撮れないと思われがちですがCanon EOS KissX50はそんなことは全くありません。

 

とにかく初心者にも扱いやすい!

 

というのもこのように場面別、被写体別に最適な設定がツマミを回すだけでできちゃうんです!!

 

それすらも面倒という人は全自動という設定も。

そしてこの全自動がまた優秀なんです。

 

この写真は一眼レフをはじめて持ったぼくの知り合いが全自動でかばんについていたお守りを何気なく撮ったものなのですがめちゃめちゃキレイじゃないですか?

 

Canon EOS KissX50なら初心者でも、簡単にこんなきれいな写真が撮れます。

 

想像以上にCanon製品を使ってる人が多い

 先述したようにNikonCanonで日本の一眼レフシェア約9割ということもありぼくの周りでも多くの人がCanonのカメラを使っています。

 

周りに自分と同じメーカーのカメラを使っている人が多いと新しいレンズが欲しくなった時に周りの人が使ってるレンズを試させてもらって実際にシャッターを切りながらどのレンズにするか考えられるので失敗が少ないです。

重くなく、乱暴に扱っても壊れない

 これはぼくにとっては一番うれしいポイントなのですが、多少乱暴に扱っても壊れません!(みなさんは大事に使いましょう)

 

あと、一眼レフというとどうしても重く持ち運びが不便というイメージを持たれがちですがCanon EOS KissX50は重さなんと450g!!

 

これならどこにでも持ち運べますね!