読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ぼくの22年の人生は30人の奴隷の上に成り立っているそうです

 

f:id:akairen:20160927041437p:plain

 

どうも、プロニート未満の赤井です。

 

先日ぼくは友人から「自分が今までコキ使ってきた奴隷の人数がわかる面白いサイトがある」と唐突に言われました。

 

ちょっと何言ってるかわかんないな...

どうせまたふざけたサイトなんだろ?

 

みたいな感じでぼくはその教えられたSlavery Footprintというサイトで何気なく「自分が働かせている奴隷の数」を調べてみたのでした

 

Slavery Footprintで自分が働かせている奴隷の人数を調べてみた

Slavery Footprintのサイトを開きfind itをクリックすると自分が働かせている奴隷の人数を調べる質問が始まります。

 

f:id:akairen:20160927041451p:plain

 

こんな感じで全て英語ですが簡単な英語しか出てこないですし、直観的に答えられる作りになっているのでスラスラこたえられるかと思います。

 

質問は住んでいるところや子供の人数、普段食べているもの、普段使っている生活必需品などの簡単な11問。

それだけで自分が働かせている奴隷の人数がわかります。

 

と、いうことでぼくが働かせてる奴隷の人数はというと...

 

30人!!

 

?!?!?!

多すぎね?!

 

ちなみにぼくは子供もいませんし、服もかなり少ないですし、化粧などもしませんからこれでもかなり少ない方じゃないかなぁと思います。

 

それでも30人...平均は50人とかなのか?!

 

日本に住んでるぼくたちも奴隷問題というのは関係のない話ではない

ぼくが働かせている奴隷は30人。

 

と言われたところで身の回りに奴隷の知り合いなんていないという人が多いかと思いますし(ぼくもそうですが)イマイチピンと来ない、というか奴隷問題なんて自分たちに全然関係ないことなんじゃね?と思ってる方も多いかと思います。

 

ですが、奴隷問題は意外と身近な問題です。

というのも、世界に今奴隷は4600万人いるといわれていて、その多くがアジア圏にいるのだとか。

 

さらに驚くべきことに日本でも外国人研修生などと言った呼び方で奴隷として扱われてる人はたくさんいてその数なんと30万人弱と言われています。

 

「現代の奴隷」世界に約4600万人--3分の2はアジア太平洋地域、日本は25位にランクイン。 | 原貫太

 

「奴隷問題」と検索すれば上のような記事はいくらでも出てきますし、ぼくたちが無関心なだけで意外と身近な問題なんですよね。

 

Slavery Footprintは奴隷問題を知ってもらうために作られた超真面目なサイト

ふざけたサイトで時間つぶしを~みたいな軽い感じでこのサイトを訪れたぼくはこのサイトも特に何の根拠もないただのお遊び、おふざけサイトだと思ってたのですがそうでもないようです。

 

このサイトは世界中に広がる奴隷問題を少しでも多くの人に知ってもらおうと作られたサイトでここで出てくる自分が働かせている奴隷の人数もかなり信憑性のある数字なんだとか。

 

みなさんもこのサイトで自分が働かせてる奴隷の人数を測りこの機会に少しでも奴隷問題に関心を持ってみてはいかがでしょう。

 

う~ん、それにしてもウェブメディアを作る者としてこういった世間のためになるサイトを作れるようになりたいものですね。

 

Slavery Footprintはこちらからどうぞ↓

Slavery Footprint - Made In A Free World