MENU

【とりあえずこれを読め!】FX初心者におすすめの本10選

 

f:id:akairen:20161022044828j:plain

どうもプロニート未満の赤井です。

 

おかげさまでFXを初めて3か月、安定して利益を挙げれるようになり始めました。

 

FXというとよく「簡単にお金を稼げる!」だとか「借金まみれで自殺」みたいなイメージを抱かれがちですがどちらも間違い。

 

かなりしっかりと基本を学ばないと安定して利益を挙げるということはまず無理なので今日FXを始めるという人がいきなりガッツリお金を稼げるということもありませんし、しっかりとした資金管理やリスク管理をすれば借金まみれで自殺なんてこともあり得ません。

 

要は、これからFXを始めるぜ!って人はとりあえず口座開設をしつつある程度の知識を身に付けましょうねってことです。

 

ということで今回はこれからFXを始めるという人やFXを始めたもののなかなか利益が挙げられてないという人向けのFXの基本的な知識を学ぶのに最適な本を紹介していきます。

 

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った「FX」入門

 

 まず最初に紹介するのは一番売れてる投資の雑誌ZAiが作ったFX入門です。

 

とても読みやいのでFXの基本を学ぶのにはぴったりですし、他の本などを読んでいてわからない言葉が出てきたときなんかはこの本でその意味を確認したりという使い方をしたりとFXをはじめたての頃はかなりお世話になりました(今でもたまにパラパラ開いて目を通してます)

 

FXについて広く浅くいろいろなことが書かれている本なのでこの本1冊でマスターというわけにはいきませんが、これからFXを始めようという人がまず最初に読む本としては最適な一冊です。  

 

FXチャート「儲け」の方程式

 

 この本はFXの中でもテクニカル分析(値動きを表すグラフの分析のしかたなど)に焦点を当てた本です。

 

FXの基本的な用語などを全く知らないと読むのは困難かと思いますが、基礎知識がある程度頭に入っていて実際に取引も始めましたというようなFX初心者の人にぴったりの本です。

 

FXを始める人はまず、 この本を読みながらいろいろな分析方法の組み合わせを試し自分に合ったものを見つけましょう。

 

FXチャートリーディングマスターブック

 

先ほどの「FXチャート「儲け」の方程式」を読んで実際に数十回トレードをしてみて「〇〇のチャートを使ってのトレードが上手くいかないから何かヒントが欲しい」だとか「☓☓についてもっと知りたい」となった人にオススメしたいのがこの本です。

 

専門性の高さの割にはかなり読みやすい本です。

 

それでも自分が普段見ないチャートについての部分は何が書かれてあるのか理解しきれないでしょう。

それくらい主要なチャートはどれもかなり深く実践的なことまで書かれてあります。

 

そんなことからこの本は一度サラッと全体に目を通したら辞典のような感じでわからないことや知りたいことができたらその部分だけを読むというような使い方がおすすめです。

かなり難しい内容が多いのでFX始めたてという人は少しトレードをしてみて専門用語を覚えてから読むようにしたほうがいいかと思います。

 

この本が気になった人は詳しいレビューもどうぞ

 

www.akairen1007.com

 

 

 月100万円儲ける私のFXノート

 

この本は 自分がどういったタイミングでどのようにトレードしたかという記録の付け方について書かれてある本です。

 

実際こういった自分のトレードの記録を取るというのは事務な作業でないがしろにされがちですが、しっかりと利益を上げているトレーダーの人ほどしっかり記録を付けています。

 

記録を取ることで自分が利益や損失を出す時にどういうことをしがちかというトレードの癖がイヤというほど見えてきちゃいます。

 

それを元にどうやって利益を上げていくかという自分の形を見つけていくのがFXで利益を上げる近道です。

 

特にFXをはじめたての人は自分のトレードの記録を付ける習慣があるかどうかでトレードの上達スピードをかなり大きく左右されるので必ず記録はつけるようにしましょう。

 

FXをはじめたての時は利益云々よりもこの本に書かれてある記録のしかたを元にして、しっかりトレードの記録を付ける癖をつけるようにしたほうが長期的に見ればプラスになります。

 

FXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード

 

FXではいろいろなチャートの見方や分析方法があり初心者はどの情報を活用すればいいかわからないかと思います。

また、いろいろな方法を広く浅く試しながら~ということをしているうちに損失がかさんでという経験をしてる方もいるでしょう。

 

そういう人たちはとりあえずこの本に書かれてあるWBRという手法を勉強してこれを基にトレードすればまず間違いありません。

それくらい素晴らしいチャートの見方が紹介されている本です。

 

少しでもFXをかじっていればスラスラ読めますし、簡単に実行できる手法で実践的なポイントもしっかり書かれているテキスト的な本です

 

手法自体もかなりいいのでもう自分のトレードのスタイルが固まってるという方も教養として読んでみても面白いと思います。

もっと詳しく知りたい人はこちらをどうぞ!

【1万5000円利益アップ】FX初心者はまずWBRを勉強しとけ

一流の投資家はなぜメンタルを大切にするのか?

 

この本は株式投資の本ですが、資産を運用するときのメンタルのあり方について勉強するにはもってこいの本です。

 

どれだけ知識やテクニックがあっても恐怖や慢心などをコントロールして自分を客観視できないとFXで利益を上げるのは難しいです。

 

FXを結構な期間やっていて、知識もそこそこあるはずなのに利益が上げられないという人は確実にこのメンタル面が弱いというのが原因ですのでこの本を読んで自分のトレードを見つめなおしましょう。

 デイトレード

 この本もまたトレードで利益を上げるためにどういったメンタルを維持するかということが書かれてある本です。

 

株取引の本で具体的な利益を上げるための手法も書かれていませんがぼくはこの本を何度も読み込んでやっと「損切り」がしっかりできるようになりそこから安定して利益を上げられるようになりました。

 

デイトレードをはじめとする短期トレーダーの方は絶対に読んでおいた方がいいです。

 

ゾーン「勝つ」相場心理学入門

 

この本はFXの本の中では名著としてよく挙げられる本のひとつです。

 

これもトレードを行う上でのメンタルについて書かれた本ですが 先ほど紹介した「一流の投資家はなぜメンタルを大切にするのか?」や「デイトレード」から一歩進んで「〇〇という思考をしてはダメとわかっているのになぜしてしまうのか」や「〇〇という思考をしない(その思考から抜け出す)ためにはどうすればいいか」というところまで書かれてある本です。

 

結構集めで内容も濃い本なので途中で挫折した知り合いも何人かいますが、この本だけは絶対に読み込んでください。

 

トレードをしているうちは何度も何度も読み返すべき本のひとつだと思ってます

利食い損切りのテクニック

 この本もかなり内容が濃く難しいので多少トレードの経験がないと読むのが辛いと思います。

 

株式投資の本ですがタイトルからもわかるようにどう利確すべきかというのがテクニカル面、心理面両方の面から深く書かれてあり当時そういった利確のタイミングで悩んでいた(実際にトレードをしてる方がとわかると思いますがFXは建てるより切る方が難しいんですよね)時にすごく参考になりました。

 

FXの本は世の中に数えきれないくらい出回っていますが、こと利確・損切りについてはこれ一冊をガッツリ読み込んでトレードに臨むのが一番です。

 

FXスキャルピング

 

 最後に紹介するこの本はある程度FXで経験を積まないと理解するのが難しいかもしれません。

本自体も厚いですし、何より内容もかなり濃いです。

 

ぼくもここに書かれていることがすべて理解できていてそれをトレードに生かせているかといわれるとまだまだというのが本音ですが、何度も読み返した今でもなお読む度に発見があります。

FXを続ける限り何度も繰り返し読むこととなるでしょう。

 

この本はFXの中でもスキャルピングデイトレードよりももっと短い期間の中で売買する手法)の中でも特殊な手法に焦点を当てている本ですが、それ以外の部分の資金管理やリスク管理、メンタル面などについてもためになることが多く書かれてあるのでトレードのタイプにかかわらずFXを長くやっていくという人は絶対に一度は目を通しておくべきです。

 

多くのトレーダーの方が名著としているのもうなずける内容ですよ。

 FXで利益を上げるうえで知識を増やすことは絶対必要

最初にも書いたようにFXで安定して利益を上げ続けるにはそれ相応の知識やテクニックが必要です。

 

くどいようですが、これからFXを始めるという方はこのことだけは肝に銘じておいてください。

 

これからFXを始めてできるだけ早くお金を稼ぎたいという人や、FXやってるけど損失を出してばっかりという人はとりあえず今回紹介した10冊を読みここにあることを実行に移しましょう。

 トレードをやればやるほどこれらの本に書かれていることがいかに重要かということがわかるかと思います。