読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

やりたいことリストのやりたいことを達成するため気を付けるべき5つのこと

 

どうも、プロニート未満の赤井です。

 

ぼくは、約1年半前に大学3年終了時点で大学を中退しました。

 

大学を中退して何をしていくかハッキリしていなかった当時たまたま出会ったこの本

 

当時のぼくはこの先どうしていくかも全く決まっておらず、その時は特にやりたい!と思うこともなかったのでこの本に書かれている内容を参考に実際にやりたいことリスト100を作ったのでした。

 

 

1年前のぼくの死ぬまでにやりたいことリスト100

 ・広島優勝の瞬間を見る

・広島に移住する

・週8時間しか働かなくて済む生き方をする

・資産運用で毎月10万稼げるようになる

・ネットメディア運営で毎月10万稼げるようになる

・気づいたらWikipediaにのってる

・家政婦さんを雇う

・海まで歩いて行けるところに住む

SMAP×SMAPに出演する

・メンタリストDaiGoを生で見る

・仕事より休みの日が多い生活をする

・狩りをする

・中学の時の友達ともう一度ダラダラ野球をする

・熱海に温泉旅行に行く

・箱根に温泉旅行に行く

キューバに行く

・流星群を見る

大泉洋と会話する

・周らない寿司を食べる

・ワインを楽しめるようになる

・体重を65kgにする

・経営者になる

イブラヒモビッチ(サッカー選手)の試合を生で見る

スペイン語で日常会話できるようになる

・英語で日常会話できるようになる

・毎日ぐっすり寝れるようになる

ルービックキューブを6面すべてそろえる

・プロにマッサージしてもらう

・自分の力だけでお金を稼げるようになる

・会いたくない人とお合わなくていい生き方をする

・地球を脱出する

・養子をもらう

・猫を飼う

・ファーストクラスで飛行機に乗る

ルルーシュコードギアス反逆のルルーシュというアニメのキャラクター)のコスプレをする

・腹筋を割る

・47都道府県のおいしいものを食べつくす

・フランス料理のフルコースを食べる

・自分を本当に好いてくれる人に出会う

ガンダムをすべて見きる

・月100万稼ぐ

・hide(XJAPANのギタリスト)のお墓に行く

・東大に行く

TOEICで800点以上取る

・ギネス記録をもつ

・ワールドカップを生で見る

WBCを生で見る

・世界規模でサイコロの旅をする

・地球儀を買う

・XJAPANのライブに行く

鍼灸を受ける

・カントリーマアムを主食に生きる

・知らない人と人狼ゲームをやる

・マグロを釣る

・カーショー(野球選手)の試合を生で見る

ダルビッシュの試合を生で見る

・ピッチャー用のグローブを買う

・野球チームを作る

・120km/h以上のボールを投げられるようになる

・先発完投する

パイロットになる

NFL(アメフト)の試合を生で見る

ハーゲンダッツでおなかを一杯にする

・甲子園で野球観戦をする

QVCで野球観戦をする

西武ドームで野球観戦をする

ヤフオクドームで野球観戦をする

・宝塚を見る

・雲海を見る

・コナンの最終話を見る

・日本一周写真の旅に出る

自作PCを作る

・魚拓を作る

・11対11のサッカーをする

・バケツプリンを作り完食する

・ウニを美味しく食べられるようになる

・ロレックスのエクスプローラを買う

・自分の城を立てる

・耳掃除を得意になる

ブラックカードを持つ

・作曲する

日本シリーズを現地観戦する

・コーヒーの味がわかるようになる

ツーシーム(変化球)が投げれるようになる

・バック駐車をスムーズにできるようになる

・瞑想を毎日続ける

・部屋をきれいに保ち続ける

・四国に住む

・お遍路する

・おもちゃの缶詰を手に入れる

・ジオラマを作る

・懐石料理を作る

・本を出版する

ニートになる

・九州に住む

・海外に住む

・外国人の友達を作る

・33歳の5月2日に死ぬ

 

意外と簡単に出てきちゃうもんなんですね~(笑)

やりたいことリストに書いたやりたいことが1年で8個達成できていた!!

そんな1年前にやりたいことリストを作ったぼくですが、たった1年で8個達成できました!!

 

ちなみに達成したやりたいことはこちら

 ・広島優勝の瞬間を見る

・メンタリストDaiGoを生で見る

キューバに行く

・経営者になる

・自分の力だけでお金を稼げるようになる

・腹筋を割る

・hideのお墓に行く

・雲海を見る

 

多分ここに書くくらいなんでやりたいこと(多分できないこと)くらいの感覚で当時のぼくは書いていたのでしょう。

 

 でも実際にやりたいことリストとして文字に起こすことでうっかり達成できちゃいました

やりたいことリストを作る上で気を付けるべき5つのこと

やりたいことリストを作り、実際にいくつか達成してみてやりたいことリストに書いたやりたいことリストというのは意外と達成できるということを実際に体感しました。

 

それと同時に、やりたいことリストを作るコツのようなものもわかり始めて雑なやりたいことリストを作ったことを後悔してたりもします。

 

ここではそんなやりたいことリストを作った1年後に「ここもっとこうすればよかったな~」と思ったポイントを紹介していきます。

 

達成できないやりたいことは設定しない

やりたいことリストを書いてこれから自分がどう生きていきたいか真剣に考えたいって人は特にこれは意識した方がいいのかもしれません。

 

現実的な数値とは言いませんが達成している自分をイメージできないものは設定しないほうがいいでしょう。

 

今の自分が達成できない目標を立てるのは悪くはないですがあまりにもかけ離れすぎてるとただ書いて終わりになります(別にただ書いて満足するだけならいいんですが...)。

 

やりたいことリストをただの達成不可能なことを並べた文字列にしないようにしましょう。

 

自力で達成できるやりたいことを設定しよう 

 自力で達成できないことはやりたいことリストに書くべきではないです。

例えばぼくのやりたいことでいうと「広島カープの優勝が見たい」なんかはこれですよね。

 

結果的に今年優勝しましたがぼくの力ではどうすることもできません。

 

そんな自分の行動や努力でどうにもできないことを書いたところで神頼みをするか放置するかの二択なんでこういった他力本願なやりたいことは避けたほうがいいでしょう。

 

「ずっと~する」みたいな目標は達成が難しい

これは当たり前ですが例えば「毎日ランニングをする」といった目標だと明日なんかの急用でできなくなったらそこで終わりになってしまいます(ぼくのやりたいことリストでいうと「部屋をきれいに保つ」がこれにあたりますね)。

 

人は目標の達成が不可能になるともうその目標についての努力を間違いなくしなくなります。

 

もし「ランニングをする」という目標を立てたいのなら「週〇回ランニングする」だとか「月に〇キロ走る」という感じの目標にしましょう。

 

まだ全部は達成できてないけど常識の範囲内でやりたいことを決めるとつまんない人生になる

 先ほど達成できることを目標にするといったにもかかわらず早速真逆のことを言っていますが、自分ができそうなことばっかりを書くと全くワクワクしない何とも言えない出来になります。

 

やりたいことリストを有効に使うということを考えた時に重要なのは「今はまだできないけど近い将来頑張ればできそうなやりたいこと」設定することなんですよ。

 

その点でぼくのやりたいことリストの「プロのマッサージを受ける」「鍼灸を受ける」「ピッチャー用グローブを買う」などはあまりよくないやりたいことだったなと今になって思ってます。

 

ってか、できることしかやんないとかやりたいことリスト書く意味ないし...

そもそもできることしかやんない人生とか生きてる意味あるんですかね?(煽り)

 

やりたいことリストを作りっぱなしにしない

 ぼくはまさにこれをやらかしたんですが、やりたいことリストを作って満足して放置というのは一番もったいないです。

 

別にやりたいことリストを日々意識しながら生きろとは言いませんがどこか目の届くところに貼っておくなど日頃から何気なく目に入ってるくらいの感じにしておけばやりたいことを達成する可能性は上がってきます。

 

大事なので繰り返しますが

やりたいことリスト書きっぱなしにすんなよ!!

(約1年放置した人並みの感想)

 

やりたいことリストを作れば今自分がやるべきことと書いた時から自分がどれだけ成長してるかが一目でわかる

やりたいことリストなんて暇人の暇つぶし!と思ってる方もいるのかもしれません(実際自分もこれを書いた時は暇つぶしで書きました)が自分がこれからどういう風に生きていけばいいのかを明確にするうえでこんなに効果的なものもないですよ。

 

これを書くことで自分がやりたいことを意識できてそこから考えて今何をすべということが明確になりますし、今回のぼくのように書いてから時間が経って見返してみれば自分がどれだけやりたいことを達成できてるか(目標を達成できてるか)が一目でわかります。

 

 ここまでいろいろ言ってきましたが結局はシンプルに「自分のやりたいことを100個並べてワクワクする・モチベーションを上げる」ということが一番大事なことなんでそんなに肩に力入れずに暇つぶしくらいの軽い気持ちでやってみてどうぞ。