MENU

【バイク】ぼくがARAIとSHOEIのヘルメットを激推しする理由【徹底比較】

 

f:id:akairen:20170220063026j:plain

どうも、プロニート未満の赤井です。

 

先日のこの記事でおすすめのヘルメットを紹介したのですがそこで紹介したヘルメット10個のうち9個がARAIとSHOEIという2つのメーカーのフルフェイスヘルメットとオフロードヘルメットでした。

 

www.akairen1007.com

 

そのことで「お前ARAIとSHOEIの回し者かよ」的なことも言われたりしました。

 

まぁ、先ほどの記事の中でもあったようにAmazonなんかでちょっと調べれば他のメーカーのもっと安いものもたくさんありますしね。

 

ということで今回はなぜぼくがこれほどまでにARAIとSHOEIを推すのか、そしてARAIとSHOEIの違いなんかも説明していきたいと思います。

 

 

安全性を考えたらフルフェイス以外は論外、 でもフルフェイスだからといって規格を見ないで買うとヤバい

 まず、ヘルメットにはフルフェイスやオフロード以外にも半帽ヘルメットやジェットヘルメットといった種類がありますが、死にたくない人は四の五の言わずフルフェイスかオフロードをかぶりましょう。

 

安全性が段違いです。

どうしても帽ヘルメットやジェットヘルメットをかぶりたいという人はカブにでも乗ってください。

 

でも、フルフェイスだからといって安全というわけではありません。

パッと見同じようなヘルメットでも丈夫さは全然違うなんてことはめちゃめちゃあります。

 

そんな色々な種類がある中から安全性の高いものとそうでないものを見分けるポイントとなるのが「規格」です。

 

この規格にも色々な種類があるのですがそんな中でも「JIS規格」と「SNELL規格」だけは頭に入れてヘルメットを見るようにしましょう。

 

まず、JIS規格というのは工業標準化法に基づき制定された規格という簡単に言ってしまえば安全なヘルメットの超最低ラインといったところでしょうか。

 

これが付いてないヘルメットはまず論外ですね。

でも、このJIS規格でもまだまだ危ない。

 

そこでその上を行くのがSNELL規格です。

 

この規格は世界で最も厳しい規格のひとつと言われている世界共通の規格です(これ以外の規格は基本的に各国内で設けられた基準というものが多い)

 

そんとなSNELL規格はこんな感じでかなりしっかりとテストしています。

この動画を見てもらえばJIS規格との大きな差は理解していただけるでしょう。

 

www.youtube.com

 

それでも、事故ったら死ぬのがバイク。

ぶっちゃけぼくはSNELL規格でも足りないと思ってます。

 

そんなSNELL規格のヘルメット以上に丈夫なものを作っているのがARAIとSHOEIなんです。

 

アライ規格というもっとすごい規格を設けてるARAIのヘルメット

 先ほども紹介したようにSNELL規格はかなり厳しい基準を設けていてそれをクリアーしたヘルメットというのはすごいのですが、実際バイクで事故って無くなる人は毎年すごい数います。

 

要はSNELL規格だから大丈夫ということではないということです。

ただ、SNELL規格でもかなり厳しいのにその上というのはなかなかありません

 

そんな中ARAIではARAI独自の「アライ規格」というものを設けてSNELL規格以上の安全性能がでそれがとにかくすごい(今はなくなってしまいましたが、アライ規格のテストでヘルメットに尋常じゃないくらい衝撃を与えてる映像が昔Youtubeにあってそれを見た時は正直引きました)。

 

ARAIはレーサーレプリカ(レーサーモデル)のヘルメットもたくさん出しているということからも安全性はプロもお墨付きレベルのすごさということがお分かりいただけるかと思います。

 

アライ規格についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ

 

SHARP規格というSNELL規格より厳しい規格でARAIよりすごいスコアを残しているSHOEIのヘルメット

ARAIではほぼすべてのヘルメットがSNELL規格をクリアーしているのに対し、SHOEIでは上位モデルのみしかクリアーしていません。

 

というと「ARAIの方がいいんじゃね?」となるかと思いますが一概にそうとも言えないんです

 

というのもSNELL規格よりも厳しいといわれているSHARP規格という別の規格があり、これはほかの規格のテスト方法よりもいろいろな方向から衝撃を与えて安全性をテストしているものなのですが、この規格のスコアでARAIよりもSHOEIのヘルメットが上を行っているんです。

 

SHARP規格についてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

つまり、頭頂部(衝撃を受けやすい部分)の強度ではARAIが上ですがヘルメット全体の総合的な強度ではSHOEIが上ということですね

 

結局ARAIとSHOEIどっちを買うのがいいの?

 

ARAIとSHOEIのどちらがいいかというのは実際にどういう事故を起こすかによって変わってくるので正直「こっち!」と断言はできません。

 

 しかし、1つ言えるのはARAIかSHOEIをかぶっておけば間違いないよ!ってことです。

部分によって強度に差はあるもののどちらもかなり安全性が高いヘルメットを作ってるメーカーですから。

 

ARAIかSHOEIのどちらかであればあとは機能性(通気性、風切り音)、自分の乗るバイクに合う色だとかデザインだとか予算を元に決めればいいと思います。

 

ちなみにぼく個人的にはレーサーレプリカなどかっこいいヘルメットが多いARAIか

 

シンプルなデザインで機能性も高いコスパが良いSHOEI

 

といった感じですかね

 

結論:死にたくなかったらSNELL規格以上のものをクリアーしてるヘルメットを買え

 とここまで色々と説明してきましたが要は簡単に言うと

・安全性の高いヘルメットをかぶれ!

・最低でもSNELL規格以上!

・よくわからないならARAIかSHOEIの中から選んどけ!

 

ってことです。

くれぐれも安全性の低い安いヘルメットを使って大けがに~みたいなことにだけは気を付けましょう。

 

 あっ、あと、バイクに乗ってる人に結構多いんですが保険に入ってないというのも危険です。

やっぱりバイクはかなりケガしやすいですからね~

 

まだ保険に入ってないという方は次ツーリングに出かける前に必ず入るようにしましょう。

 

保険のことなんて知らね~よという方はこちらをどうぞ

www.akairen1007.com

 

・バイクが好きなあなたにはこちらの記事もおすすめです。

www.akairen1007.com