MENU

FXの本質を知るためにマーケットの魔術師エッセンシャル版を読もう!!

 

投資業界の名著「マーケットの魔術師

 

FXをはじめ何かしらの投資をやっているという人であれば多分聞いたことがあるかと思います。

多くの人が良い本として推しまくっているものの、読んだことないという人もまた多いのがこの本。

 

というのも1冊がかなり厚い!

そして何より全4冊という超ビッグボリューム!!

いや、投資の本って厚くて難しい本いっぱいあるけどその中でもかなりレベルが高い...。

この存在感に圧倒されて読みたい気はするけど挫折するのが目に見えてるし...みたいな人も多いみたいです。

 

まぁ、確かにすごくいい本なのですが、 ぶっちゃけ個人的にはそんな4冊の分厚いすごい本よりも断然この厚さもそこそこで1冊ぽっきりの「マーケットの魔術師エッセンシャル版」の方を推したい!!

絶対こっちの方がいい!!

 

マーケットの魔術師シリーズは読んでみたかったけど手が出なかった人はもちろん、昔読み始めたもののいつの間にか挫折してた人、何ならマーケットの魔術師シリーズを全部読んだって人にもオススメです。

 

 

 

なぜエッセンシャル版なのか?

全4冊の本家マーケットの魔術師って いい本ではあるんですけど、ぶっちゃけ無駄が多いんですよ。(エッセンシャル版を読んだからそう感じるだけか?)

 

というのも、このマーケットの魔術師という本は古今東西のすごいトレーダーの成功秘話やトレードの捉え方、考え方、臨み方みたいなものが武勇伝的な感じで長々書かれてるんですよ。

 

いや、確かに読み物としては面白いんだけどもぶっちゃけ大事な部分を要約しろよ!と読みながら思わずにはいられない本なんです。

 

それに対し今回紹介するエッセンシャル版は「マーケットの魔術師4冊の大事なとこだけがギュギュっと1冊に凝縮されているんです。

しかもページ数もそれほど多くない!!(ぼくはkindleで読んだんで正確なページ数はわかりませんが1時間半弱で読破できたんでそこまで長くはないですね)

 

トレードをする中で何を重要視すべきか再確認できる名言がいっぱい

 

 ぼくはこの本を何度も読み返しているわけですが、今では自分のトレード方法が正しいかを確認する本というような位置づけで読んでいます。

 

特に負けトレードがかさんだ時なんかにはメンタル面を正常に保ちつつ自分のルールに従ってトレードするって難しいですからね。

 

そんな時に

自信と深く関係しているのが、「負ける事はゲームの一部だ」という考え方である。
負ける事は取引を続けていく過程の1つであり、最終的には勝つために必要な事だと理解しなくてはならない。

 この言葉のおかげで負けを受け入れられたリ

曲がり角の向こうにお金が落ちていて、あとはそれを拾うだけという状況になるまで、じっと待つべきだ。

 これを見て無理な(無駄な)トレードを踏み度土間れたりしてます

どんな時も正しくトレードをし続けるたにこの本はもう必要不可欠なアイテムですよ

 

先人の成功談失敗談から大事なエッセンス(FXで稼ぐためのヒント)だけをを得よてトレードに活かそう!!

これからトレーディングを始めようとする人たちがよく間違えるのは、取引開始のシグナルを見つけるのが成功の秘訣と思い込んでいることだ。

 

これはこの本の序文にある一説なのですが、まさにこの一文の中にFXの難しさというか奥深さが詰まってるなと。

 

というのも、ぼくなんかもよく「FX始めたいんですがどうすればいいですか?」だとか

「FXで稼ぐにはどうすればいいですか?」というようなことを聞かれますが、そんな一言では教えきれません。

FXをまだやったことがない人なんかはFX=簡単に稼げるものと思ってるかもしれませんが全くそんなことはないんです。

 

そんなとにかく奥が深いというか底のないFXですがそんな中でしっかりと稼ぐにはやはり成功している先人のやり方を真似るというのが最短ルートなわけですよ。

 

けど、その真似るというのもただ武勇伝を聞いて「おぉ、スゲー!!」となるのではなく何をどうすれば自分も同じようにすごくなれるのかどうやったらそれを自分のトレードに活かせるのかというのが重要なわけで。

 

そういった点でこの本はそんな自分のトレーでイングをレベルアップさせるために必要な要素だけがとにかく詰まってるとにかく実践に活かしやすい本です。