【FX上達】利益を上げたいならトレード記録を取れ!赤井のFX記録法

 

f:id:akairen:20170917190255j:plain

 

どうも、プロニートの赤井です。

 

収益の安定性はともかく多少なりとも毎月FXで収益を上げているぼくなんですがよく

 

「FXで全然利益があげれない(損ばかりしている)んですがどうすればいいですか?」というようなことを聞かれます。

 

この記事を読んでるあなたもFXで稼げないからこんな記事を読んでんだと思いますけど、そんな人たちには共通点があります。

 

それは何かというと...

100%と言っていいくらいFXの記録を取ってない!!

 

 

 

いや、トレード上手くなりたいんだろ?なら客観的に自分のトレードを見るためにも記録ぐらい取れよと思うんですけどね... 

 

まぁ、ぶっちゃけそういう人がいるからぼくらが稼げてるんで別にそのままでいいんですよ?

 

FXで負けトレードが出るのは当たり前。その負けをいかに小さくできるか意識してますか?

FXをしてて「負けトレードを一度も経験したことがない」という人はまずいないでしょう。

 

どんだけうまい人でも一定確率で必ず負けます。

野球でヒットを打てる確率が30%前後しかないみたいな感じですね。

 

ということは、FXをやっている人の中にはちょいちょい負けながらもトータルで見ると勝ってる人(FXで利益を上げている人)とちょいちょい負けながらトータルで見ても負けてる人(FXで損をする人)がいるということになります。

 

じゃあその差は何か、ズバリ負け方の上手さとミスの少なさにあります。

 

 そのふたつのスキルを伸ばすうえで記録を取るという作業は欠かせないんですよ

先述した「記録取ってない人のおかげでぼくは毎月利益を上げられてる」ってのはそういうことです。

 

どのくらい勝ってどのくらい負けるのかというビジョンを明確にしその目標とするトレードを安定してできるようにする

 

 先述した通りFXは負けトレードを必ずするという前提でトレードをします。

そんな中でもトータルで勝つためには大体1トレード当たりどれくらいの利益を目指すのか(小さな利益をコツコツ積み重ねるのか?ビッグゲインを狙うのか?)、負けトレードはどのくらいの損失に収めるのか(小さくコツコツ勝つなら負けも小さく留めないといけません)、そしてそれらは勝率何%くらいでいけそうかということをイメージできなくてはいけません。

 

FXで利益を上げられないという人はコツコツ小さく積み重ねてた利益を1回のトレードで全部吹っ飛ばす~みたいな感じが多くてそういう人に限って「もっと勝率を上げなくては...」みたいな感じで必死になりがちですが、そういう人たちが頑張んないといけないのは上手く負けることなんですよ。

 

というように自分がどういうトレードをするのか、そしてどういう部分を改善していくかを明確化するために

いや、別に記録なんて取らなくてもなんとなくでできるみたいな天才肌人はいいんですよ?

 

自分がどういうミスをしがちなのか、そのミスしないためにはどうすればいいのかをはっきりさせる

 負けトレードには「FXをやっているうちには避けられない仕方のない負けトレード」と「ミスによる次は防げそうな負けトレード」があります。

 

よく投資のメンタル面のことが書かれている本なんかでは「負けトレードをしっかり受け止めて早く忘れるのが勝つ秘訣」みたいに書かれてますがそれは半分ホントで半分ウソです。

 

避けて通れない仕方のない負けトレードは早く忘れたほうがいいでしょう。

しかし、明らかなミス(入れるタイミングがおかしかった・切るタイミングがおかしかった等)は簡単に忘れちゃいけませんよ。

 

なんでそうなったのか、どういう場面でそのミスは起こりやすいのかというのを洗い出してミスを減らさないと勝率は上がりません。当たり前ですけどね。

 

というように一口に負けトレードと言っても仕方のないものとそうでないものがあり、そうでない負けはなぜ起こったのか明確にして、次以降そのミスを減らすためには何ができるのかを洗い出すために記録を取るという作業は必要不可欠なんですよ。

 これこそが勝率を上げるための努力です。

最低限これさえやっておけば大丈夫!赤井のFX記録法を公開!!

 ということでここまで長々と「なぜトレードの記録を取るべきなのか」ということを設営してきましたが参考までにぼくがどういったトレードをしているかという一例を紹介したいと思います。

 

 まず全体像はこんな感じ。

f:id:akairen:20170912232729p:plain

これはForextesterというチャート検証ソフトでの練習を記録したものなのでローソク足の感じが本物の相場とは少し違い違和感を感じるかもしれませんが、記録の取り方自体は変わらないのでまぁ許してください。

 

記録を取る上で気を付けていることは2つあって、1つは取らないといけない記録を増やしすぎるとどんどん記録を取るのが億劫になってしまうので本当に必要最小限の自分が続けられるレベルで記録を取るということと、ぼくはパソコンで記録を取っているのですが、記録を取ったとしても見返さないと意味がないのでとにかく見返す面倒くささを最小限にするためひとトレード当たりパソコンの画面一枚分以内に収めるという風にしています。

 

では、部分ごとに細かく説明していきましょう。

 まずは右側の相場の部分

f:id:akairen:20170912233301p:plain

基本的にぼくは1時間足の相場の中でトレードをしているのですが15分足、4時間足も見ているので入れてから手仕舞うまでをメインにその前後も残してあります。

 

ホントはもっと売買する前後の記録を残しておくべきかなという気はするのですが、左側にメモのスペースも欲しいのでこのくらいにしています。

 

次に左側の文章が書かれてある部分。

f:id:akairen:20170912233426p:plain

ここでは、自分が決めているルールが守られているかどうかトレードの中での気づき・疑問点・課題次にこういうルールを足して(減らして)トレードしたらもっと収益性が上がるのでは?というようなアイディアなどを書くようにしています。

 

まぁ、そんなにガチガチにルールが決まっていてこれを書く!というよりかはその時気にしていることがしっかりできているかだとかなんか気づいたことをテキトーに書くメモみたいな感じですね。

 

ぼく自身かなりめんどくさがりでちゃんと細かく記録を取りながらトレードしている人からしたらこの記録の取り方は本当に最低限 だと思います。

 

なのでもっとちゃんと記録を取りたい、他の人がどんな風に記録を取ってるか知りたいという人はこの「月100万儲ける私のFXノート」という本を参考にしたらよいでしょう。

 

トレードの記録を取りましょう!系の本ではわかりやすさも内容の濃さもこれが一番です。

 

という感じでぼくの記録法やこの本なんかを参考にもう一度トレードの記録の取り方を見直してみてはどうでしょう?

 

トレード上達の一番の近道なのは間違いないのですよ。

 

・FXに興味がある方はこちらの記事もどうぞ

 

 

 

www.akairen1007.com