FXのチャート分析練習練習ツールForextesterを半年使ってみたら最強だった

f:id:akairen:20171214134140p:plain

 

・FXのトレーディングが上手くなりたいけど、そもそもどう練習したらいいかわからない

・長期トレードの練習も短時間で数をこなしたい

・試したいトレード法があるけど時間がかかりすぎてやる気がしない

 

みたいなのってFXをしてたらほぼ誰もが抱く悩みですよね?

実際ぼくもFXを始めてからForextesterに出会うまでの約1年間常に思っていました。

 

FXって口座を作って始めるのは簡単なんですけどスキルを磨くためのものがあまりないのでぼく自身FX始めたての頃は苦労しました。

 

まぁ、FXの練習というとデモ口座を作って仮想のお金で練習するという人がほとんどだと思うんですけど、1時間足、4時間足、日足などを見てトレードする人なんかは1回練習するだけで何十時間、何日というかなりの時間がかかってしまうことがほとんどです。

もっと短時間で効率よくとにかくたくさん練習したいと思うのは当たり前と言えば当たり前...

 

そんな中見つけたのがこのForextester(フォレックステスター)

f:id:akairen:20171214134201j:plain

Forextesterについてもっと知りたくなぅた方はこちらをどうぞ

 

興味本位で買ってみて、軽く触るだけのつもりでしたが今やガッツリやりこんじゃってます

 

外国製のソフトということもあり敬遠している人も多いみたいですがこれはハッキリ言って使わなきゃ損ですね

 

もくじ

 

FX練習ソフトForextesterのここがすごい!

実際の過去のデータを使ってトレードの練習ができる

 Forextesterは起動するにあたり過去相場のデータをダウンロードしてきてその過去に実際にあった相場を基にしてトレードの練習をしていきます。

 

しかもそのデータ量は2001年~の17年分(もちろんどんどん増えていきます)

 

世の中のFX練習アプリのような作られたシチュエーションで練習するというのももちろん悪いことではありませんが、相場の急騰・急落をはじめとするリアルならではの予測できない(しづらい)動きが常に起きる可能性があるという環境下でトレーディングスキルを磨けるほうが実践で生きてくるのは間違いないですし、新しいトレーディングシステムで本当に利益を上げられるのかのテストも信憑性の高いデータが取れます 

 

長期トレーダー必見!時間を早送りできるから短時間で長期トレードの練習もいっぱいできる

 Forextester最大のウリはなんといってもこの早送り機能です。

 

冒頭にもあるように、FXの練習というとデモ口座を作って、実際の相場に入って下層のお金でトレードをしてみるというのがまず浮かぶかと思います。

 

でもこれ、やったことある方はわかると思うんですがかなり時間がかかる。

 

やったことのない人のために具体的に言うと、1時間足でトレードの練習をするとした場合、相場に入りポジションを作りよきところでポジションを手放すという一連の動き(1回の練習)に約1日かかります。

 

また、たまたま相場を見た時がいい感じのポジションを作るタイミングであればいいのですが、これから先どう動くのか予測しづらいような相場でポジションを作れないなんてこともよくありる上、デモトレードは当たり前ですが実際の相場と同じルールのもと行うので土日は練習が出来ません。

 

ということを加味すると週5回くらいトレードの練習が出来るかどうかといった形になります。

 

 

足りない!圧倒的に練習量が足りないぞ!!

 

 

となるのはぼくだけではないでしょう。

 

でもForextesterには早送り機能という最強の機能があります。

 

これを使って時間の進み方を調整すれば、ポジションを作るタイミングのところまで早送りして、ポジションを作るであろうタイミングのちょっと前位に早送りを止め、ポジションを作ったらまた早送りをしてポジションを手放すちょっと前まで行き、早送りを止めポジションを手放し...

 

というように早送り機能をフル活用すれば1時間で5回も(ぼくはトレードのフィードバックに結構時間をかけるタイプなのでフィードバックにそこまでこだわらない人なら10回くらいかな?)トレードの練習が出来ちゃいます。

 

もちろん過去のデータを使っているだけなので土日の練習も可能!

 

日頃から熱心にFXに取り組んでる人ならこれがどれだけすごいことかお分かりいただけるでしょう。

 

時間巻き戻しなど初心者トレーダーにうれしい機能も充実

 

これは誰もが初心者の頃思ったことかと思いますが、ポジションを手放すかどうか迷いながら持ち続け結局上手く手仕舞えなかったとき

 

これどこで切るのがベターだったたんだろう...

もう迷ったところに戻ってやり直したい!!

みたいな。

Forextesterにはそんな時用の巻き戻どしボタンがあり、これを使えば好きなところまで巻き戻せるのであまりうまくいかなかったトレードをもう一度相場を動かしながら見直せたりもします。

 

 それ以外にも自分の苦手なところや「この場面を今度もう一回練習したい」という種エーションを保存する機能、トレードシステムの検証をしたい人のための自動トレード機能などFXの練習をする上でうれしい機能がいっぱい!!

 

これらの機能のありがたみは実際に一回使ってみたら身にしみてわかるでしょう。

ちなみにもうぼくはこの機能なしじゃ生きていけない...

Forextesterのデメリット

 ファンアメンタルズ分析ができない

 

ファンダメンタルズ分析ができないできないということはないのですが、Forextesterを使って時間早送り機能を使わないという人はいないと思いますので多分ファンダメンタルズ分析をしている余裕がないと思います。

 

あくまでForextesterは「テクニカル分析のスキルを上げる」だとか「自分のトレードのシステム・ルールを順守して本当に利益を上げられるかを調べる」という用途で使いましょう。

 

0.001円の位が出せないのでスキャルピングなどの短期トレードには向かない 

Forextesterは0.001の位(普通のトレード時の一番小さい位)が表示できません(データ量の問題だそうです)。

 

そのためスキャルピングなどの少しの値動きで売り買いを短時間でするというようなトレーディングには向きません。

 

これはあくまでぼくの体感ですが5分足以下の時間軸でトレードをするという人は多くのFX会社が無料で出しているデモトレードでトレーディングの練習をすることをお勧めですね。

 

赤井流Forextesterを使ってのトレード練習風景を公開

 このForextesterを使ってどういう風な練習が出来るのかということでぼくの練習風景を公開していきたいと思います。f:id:akairen:20171214141846j:plain

これがForextesterの画面。今回はぼくが実際にいつもやっているEURJPYの相場です。

まずは自分がポジションを作りたいところまで早送り!!

 

今回は14時間早送りしました。

そしてポジションを作り、売りのタイミングが来るまでまた早送りそしてポジション決済したいポイントになったら早送りを止めて手仕舞います。f:id:akairen:20171214141717j:plain

 こんな感じになりました。

ちなみにここまでで4分、デモ口座などでやったらポジション作りまでに14時間、ポジションを作ってから決済するまでに27時間の計41時間かかるところをポジション作りから決済までの全てのプロセスを4分で終えられました

 

そこからぼくはさらにフィードバックをするためにこの画面をスクショして

 

f:id:akairen:20171113210810p:plain

こんな感じで今回の相場の動きと今回のトレードの良かった点悪かった点、このトレード時にどんな感情を抱いていたのか、ここからどう自分のトレードを改善していくかなどが一目でわかるようにします

 

 ここまでやっても1トレードで10~15分、1時間もあれば4,5トレードは練習が出来る!!

これ1回やったらもうデモ口座で練習なんてやってらんなくなりますよ

 

3万超えのFX練習ソフト、でも買う価値は十分。というかFXやってて買わないってのはないでしょ

 

外国製のFX練習ソフトですが、お値段なんと35600円(結構な頻度で値段が変わるので買う時にはしっかり確認を)

 

いや、さすがに高すぎだろ...

 

と思いましたが、FXをやっていくうえで3万の損失なんて一瞬

 

実際ぼくも最初にこの値段を見た時は買うかどうか迷いましたが、買わなかったら未だに損失を被り続けながらトレードをしていたかも...ということを考えたらあの時すぐに買っておいて正解だったなと思っています。

 

3万円というとどうしても二の足を踏んでしまう額ですが、二の足を踏んでる間に中途半端な知識や中途半端なスキルで相場に入ってそれと同額、それ以上の損失をしちゃうという可能性を考えたら買わないという選択肢の方がないでしょ。

 

この記事を読んでorextesterについてもっと知りたくなった方はこちらをどうぞ

 

 FXで稼ぎたい!という人にはこちらの記事もおすすめ!