【お金】運用初心者がやりがちな間違い7選とその対策【体験談】

f:id:akairen:20180616105840p:plain

 

 無くなっても大丈夫なお金でしか投資はしない

一見矛盾しているように見えるかもしれません。

ぼくは冒頭で「6つの間違いさえ冒さなければ長期的には勝てるようになる」って言ったのになんで無くなっても大丈夫なお金でしか投資しちゃいけないの?と思うことでしょう。

 

 でも、これがめちゃくちゃ大事。

というのも、投資というのはよくて勝率5~6割、負けトレードというのは日常茶飯事です。

つまり、合理的なトレードをしていても負けトレードが続いて短期的に資産が減ってしまうということはよくあることなんです。

 

そんな投資に無くなったら困るお金をつぎ込んで冷静な判断をし続けられますか?

そんな人はいないでしょう。

 

ちなみにぼくは、無くなっても困らないお金で投資をしていても自分のお金が減っていくことに耐えられず非合理的なトレーディングをしてしまうこともあったくらいですから短期的でもお金が減ってしまうという心理的プレッシャーは想像以上にすごいです。

 

どれくらい稼ぎたいみたいな目標というものはみなさんあると思いますし、投資である以上大きく稼ぐにはリスクを大きくするか運用する額を大きくするしかありませんが、くれぐれもなくなったら困るお金で投資をするのはやめましょう。

 

どのくらいの期間でいくら稼ぎたいのかが明確になっていない→自分がいつまでにいくら稼ぎたいのかを明確にして、それを元に投資対象・負うリスクを決める

 まず、投資を始めるにあたって「とりあえずお金稼げるっぽいからなんとなく始めよう」というのはあまりよくないです。

まぁ、確かに投資やる人の目的はお金を稼ぐことでそれは否定できませんが、一口に「投資」と言っても投資対象というのは無数にありますしどういう投資をするかによって負うリスクや得られるリターンが変わってくるからです。

 

例えば、なんとなくお金稼げるみたいだから投資を始めたい、けど資産を失うのは嫌だからリスクはない感じで(ちょっとでも投資をしたことがある人はこれが如何にバカげた発言かということはお分かりいただけるかと思いますがこういう人はいっぱいいるんですよね...)という人がいたとしてぼくが勧める投資はとにかく低リスクな国債投資でしょう。

でも、国債投資は元手がないと全然稼げませんから満足しないでしょう。

 

かといって大金を稼げる可能性がある高リスク高リターンな投資というのを勧めて資産を減らしてもそれはそれで納得しないでしょうし、こういう人が「投資は稼げない」というレッテルを張ります。

 

この投資を始めたい人にはどれだけ稼ぎたいかというビジョン・目標がないからこんなことが起きるんです。

要はどのくらい稼ぎたいかというビジョンがないとリスクを取ることを必要以上に嫌悪して稼げない、逆に損失を出すというようなことが起きたり、とにかくいっぱい稼ぎたいと自分が高リスクを負っていることも知らずにトレードをして資産を溶かしたりします。

 

逆に、もちろん投資である以上リターンを得るためにはリスクを取らなけらばいけませんから「リスクはとにかく避けなくちゃ」という考え方では稼げません。

つまりどれくらいのリスクは受け入れどれくらいのリスクからは回避するようにするのかそこを起点に投資対象を何にするかというのを考えるべきなんです。

 

 また、この「どれくらい稼ぎたいか(何のためにいくら稼ぎたいか)」という目標を持つということで効率よくお金を稼ぎやすくなったりもするわけなんですが、それは後でまた話していきたいと思います。

 

損切りを入れない・そもそも損切りという考え方を知らない→損切りを入れる・ベストな損切りの位置取りを学ぶ 

これめちゃめちゃ多いです 。

どんな投資入門書でも必ず「損切りは絶対にしましょう」的なことは書いてるはずなんですけどね。

 

それでもできない、なんなら損切りが大事とわかっていても「いつか上がるのでは...」と含み損を確定せず持ち続けてどんどん含み損が膨らんでいくなんてのもよくある話です(。ちなみに、なぜみんな損切りができないかということはこちらの記事で詳しく説明してるんで興味のある方は合わせてどうぞ)

 

そして、損切りを入れているという人でも「なぜそのラインに損切りを入れているのか?」と聞かれると説明できないという人も多いです。

これはなんとなく損切りは大事だからなんとなくそれっぽいところに損切りラインを設定しているという人。これも多いです。

 

損切りの仕方は相場に合わせて流動的に損切りラインを決めるやり方や〇〇円(〇〇pips)含み損が出たら自動的に損切りするという固定型のやり方など色々ありますが、試行回数を増やせば増やしただけ稼げるという損切りシステムであればハッキリ言って自分のどれでもいいです。

 

トレーディングスキルを磨くというとどうしてもポジション作りに目が行きがちですが損切りや利確といったポジションを手放す方が難しいです

 

というか、とりあえず損切りを入れてない人は四の五の言わず損切りを入れましょう。

 

 自分の勝ちパターンが確立できていない→勝ちパターンを見つけるまでは自己投資と考えて損失を受け入れるか投資練習ソフト等しかしないようにする

投資において勝ちパターンは必要不可欠です。

その勝ちパターンを元に、この状況ならこのくらいのリスクがあるけど自分の予想が当たればこれくらいは稼げそうだからポジションを作ろう(作らないでおこう)という判断基準になりますし、

 

逆説的に言えば勝ちパターンがないと目先の1トレード2トレードは利益が出るかもしれませんが、長期的に安定して稼ぐのは難しいです(というかムリ)

 

という話をすると、どうやって勝ちパターンを見つければいいのかという話になるわけですが、これはもういろんなインジケーター、ラインなど(チャート)を使いながらトレード回数をこなし自分に合った形を言つける以外の方法はありません。

 

インジケーターやラインは調べれば調べるほど無数に出てきますが、そこまでニッチなものを使う必要もないんでとにかく

 

こんな感じのチャート分析の基本を網羅しました見たいな本に出てくるような基本的なものを色々組み合わせながら試してみましょう。

んで、どこでこれらを試せばいいのかというと、もちろん実際の相場で自分の資産を運用しながら~というのもアリですが、それをするなら勝ちパターンが見つかるまでは自己投資としてどれだけ損失が出ても受け入れる覚悟を持ってください(実際のお金を入れたほうが何が何でも学ぼうとするので成長はかなり早いと思いますがおすすめはできません)。

 

損失はできるだけしたくないという人はテスター(練習ソフト)を使いましょう。

 

ちなみにFXをやってる方には上の記事のForextesterがおすすめ。

短時間でとにかくたくさんトレードの練習が出来るので最速で上達できます。

 

投資の練習したいけどお金はかけたくないという人は

 

www.akairen1007.com

 

 

www.akairen1007.com

 これらの記事でぼくが紹介しているような無料でできる投資練習アプリを使いましょう。

時間はかかりますが実際の相場を利用して練習できるというのと、何よりスマホアプリなんで手軽にできるのでオススメ。

 

とにかく先述した通り自分の勝ちパターンを見つけないと稼げません。これだけは断言しときます。

勝ちパターンを見つけてやっと利益が出せるかも?というスタートライン(まだ稼げるとは言っていない)ということだけ覚えておいってください。

 

いきなり大金を運用し始める→最初は小さく始めて安定して利益が出始めたら少しずつ投資額を増やしていく

 先ほど紹介した勝ちパターンが見つかったからと言っていきなり大金を運用するのはやめましょう。

 

というのも、アプリやテスターを使って自分の勝ちパターンが見つかった=実際の相場で利益が出るという風に上手くいくとは限らないからです。

 

例えば、自分の勝ちパターン的には損切りしないといけない場面、今まで練習の段階では何のためらいもなく切れたことでしょう。でも、実際に自分のお金を入れていて1万円損切りしないといけないとなるとどうでしょう?

 

1万円あったら飲み会3回行けますね?欲しかったゲームソフトも買えますよ?近場の温泉宿に1泊して優雅な休日ってのも悪くないですね?....

 

ということが浮かんでくると

「あれ?この含み損、損切りしないでもう少し待てばプラスになるんじゃね...?」

 という気がしてきます。

 

そして、損切りラインを後退させたり損切りが出来なくなったり...というように自分の勝ちパターンにのっとったトレードがどんどんできなくなり、そうなってくるとどんどん稼げなくなります。

 

まぁ、投資始めたての頃は頭でわかっていても損切りというのはかなり難しいですし、こういう思考に陥るのはある意味自然ではあります。

 

なのでまずは正しく損切り出来る額(損切りしても痛くない額)から始める様にしましょう。

そして損切りは嫌だけど利益を生むためには必要不可欠なものというのがしっかり体感出来てから徐々に運用する金額を増やしていくという感じでやっていくのが安全です。

 

負けを取り返そうとする→目先の勝った負けたに一喜一憂しないトレーディングシステムを構築し、メンタルケアの方法を学ぶ

ぼく自身の体験談ですが、負けを取り戻そうとして相場に入って負けを取り戻せた経験がありません。

 

www.akairen1007.com

 ちなみにこの記事にもあるトランプショックの時の大負けも最初はただのありがちなちょっと額大きめの負けトレードでした。

でも、目の前にはものすごい値動きをしているどこからでも利益が出そうな相場があり、ちょっといつもより大きめのポジションを作ればすぐ取り返せそう...と思いいつもより大きめのポジションを作り、負け。

その負けも取り戻さないとと思いまた大きめのポジションを作ったら今度は勝てたものの取り戻し切れてはおらず「この感じで勝ち続ければ..」と、また大きめのポジションを作り負け...

 

というように勝ったり負けたりを繰り返していたのですが、やはりいつもの自分のトレーディングではないので回数を重ねれば重ねるほどどんどん負けがかさんでいきました。

 

また、負けを取り戻そうとすればするほどポジションを作りたいという欲が出てきたり損切りが甘くなったりといつも通りのトレードが出来なくなるからと世間一般では言われていますが、それを加味しても不思議なくらい勝てなくなります。

 

というかそもそも、「負けを取り戻さないと」という感情が生まれるという時点で先述した勝ちパターンが確立しきれていないと思った方がいいでしょう。

 

なぜなら、勝ちパターンが確立できているということはその勝ちパターンを機械的に実行していれば長期的にはプラスになるということがわかっているはずなので、目先の勝ち負けに一喜一憂するわけがありませんから。

 

とは言っても、負けトレードが連続で発生するとどうしてもメンタルが揺らいで「あれ、これもしかしてトレードの仕方を変えたほうがいいんじゃ...?」という気持ちが湧いてきて迷ったりもします。

そういったメンタルをケアしたり、そういったネガティブなことを考えること自体がトレードに悪影響があるということを理解しましょう。

 

この本なんかにはそんな

 

あとは、そういうネガティブな感情が湧いてきてもしっかり稼げるということが自分の中で証明されているトレーディングを貫けば最終的にはやっぱり稼げるということを経験するということも重要です。

まぁ、こればかりは経験を積まないといけませんが...

資産運用で稼いだお金を稼いだ分だけすぐ使う→複利の考え方を理解し再投資に回す

 投資で一番重要な考え方がこの「複利」です。

複利とは

 

元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる

 

-Wikipediaからの引用-

 

 とあるように、要は100万円を投資して年利10%で運用できました。1年後稼いだ額は10万円です。

その10万円をそのまま投資に回せば次の年には11万円稼げ、その11万円をそのまま投資すれば次の年は12万1000円稼げ....

というように投資で得た利益をそのまま再投資に回してさらに利益を増やすという考え方です。

 

ちなみにこの調子で8年運用すれば元金は約2倍になります。

 

この複利を利用してお金を稼ぐというのが投資なんです。

これを知らずに稼いだ分だけ使ってということをするのは投資で受けられる恩恵を自ら捨ててると言えるでしょう。

 

また、投資ではお金を増やすよりも減ったお金を元に戻す方が難しいんです。

数字にしてみるとわかりやすいのですが、仮に100万円が10%減って90万円になったとしましょう。

減ったのは10%ですが、これを元の100万円に戻そうと10%増やしたとしても100万円にはなりません(90万円の10%増なので99万円になりますね)

 

90万円を100万円にするには11.2%増やさなくてはなりません。

 

こういったことが先述した「どれくらい稼ぎたいか決める」というのもここにつながってきます。

目標を持って運用していれば使いませんからね。

 

投資で稼ぐコツは稼いだお金をいかに使わないかということがお分かりいただけたかと思います。

 

 まとめ:投資の失敗の仕方はある程度パターン化されている→みんなが失敗しがちなパターンを知りそれを避ける努力をすれば稼げる 

この記事の中で何度も説明している通り投資の失敗はある程度パターン化されています。

 例えば、ネットの掲示板なんかによくある「FXで借金して人生終了」みたいなのは大きく分けて

「FXってなんか儲かりそうだからよくわかんないけど自分の資産の大部分を突っ込んで爆死」パターン

「負けトレードが続いてなんとか取り返そうと大きくポジションを作ってそれも負けトレードになり爆死」パターン

の2つが多いですが、前者はこの記事でいうところの「無くなっても大丈夫なお金でしか投資はしない」「いきなり大金を運用し始める」に引っかかってますし、後者は「無くなっても大丈夫なお金でしか投資はしない」、「負けを取り戻そうとする」辺りに引っかかります(「自分の勝ちパターンを確立できていない」もかもしれませんが...)

 

 というように失敗の頻出パターンさえ押さえておけば投資で全財産溶かすだとかお口座に入れてたお金無くなって強制退場みたいな馬鹿馬鹿しいことも起きないんですよ。

 

なのでまずはこの最低限のルールを守って利益が出ても出なくても投資を長くやるということに焦点を当ててやっていけばそのうち自然と利益は出てくるでしょう。

 

「投資」というとなんとなく失敗して全財産溶かすだとか人生を狂わせるみたいな印象を持ってる人も多いようですが、正しく相場に臨めば全くそんなことはありませんからそういう理由で二の足を踏んでるという人は今すぐ始めたほうがいいでしょう。

 

www.akairen1007.com

 

上の記事にもあるように無料で始められますし、先述した通り早く始めれば始めるほど複利の力でどんどんお金が増えますから迷ってる時間がもったいないです。