【働きたくない】出勤がつらい人・働くのがだるい人は今すぐニートになれ

*あしたしぬかもよ?人気記事

11300円だったスマホ代が770円に!?格安SIMのDMMmobileが超ヤバい

FX初心者のぼくが6か月で月利10%以上稼ぐようになった具体的な方法

元不眠症も3分でスヤァ 高反発枕「The Pillow(ザ・ピロー)」が超ヤバい 

スポンサードリンク

f:id:akairen:20180823182447j:plain

 

 

満員電車に1時間揺られて好きでもない仕事をするために出勤するのが辛い、毎日朝が来るのが怖い

仕事中はもちろん日曜日の夕方位からずっと「働くのがだるい、働きたくない」という感情に支配されている

 

という人に向けた記事です。

 

・この記事の内容

 

仕事が辛い・出勤したくないそんなの当たり前 全然ダメなことじゃない

 

f:id:akairen:20180904172728j:plain

 

まず第一に、仕事が辛い・出勤したくないなんて当たり前です。

多くの人が口に出すださないは別としても心のどこかに抱えている感情です。

 

別に仕事が辛い・出勤したくないと考えてしまう自分に対して「自分はダメなヤツだ...」とか「みんなはちゃんとしているのに...」というような自己嫌悪や劣等感を抱く必要は全くありません。

 

こんなこと言うと世のおじさんたちは「俺たちの時代は~」とか「最近のヤツは~」とかいうと思いますが別に間違ってませんよ。

だって現に辛いんだもん。

 

辛いことに対してやめたい・逃げ出したいって感情を抱かないほうが異常です。

 

ちなみにぼくは毎日のムダな通勤と前時代的な「上司」という生き物がいると考えただけで就職したくなくなって今もこうしてニートをしながら毎日野球を見たりサッカーを見たりしてゆるゆる生きています。

 

こんな風に記事を書いたりプログラミングをするのが仕事ですがそれもだって1日4時間くらいしかしてませんが一応どうにかなっています。

 

ニートになったら人生積む→圧倒的な間違い

 

 

f:id:akairen:20180904172952j:plain

 

「一度ニートになったら人生積む」 みたいなことが世間ではよく言われていますが、これは圧倒的な間違いです。

 

というもの、ニートになったら人生が積む理由として多くの人は

 

・一度ニートになったらニートの生活が良すぎてもう二度と外で働けなくなる

・一度キャリアの中に空白期間を作るといざニートをやめてお金を稼ごうとしたときに就職が厳しくなる

 

というような要素を挙げてきますがこれはどちらも間違いです。

 

ではこれらのどこがどう間違っているのか解説していきたいと思います

 

一度ニートになったらニートの生活が良すぎて二度と働けなくなる→ヒマに耐えられなくて社会復帰したくなる

 

まず一度ニートになったらニートの生活が良すぎて二度と働けなくなる説、これは実際にニートをやって見たらわかると思いますがニートはすぐ飽きます。

 

そして平日は多くの人が働いていて知り合いと遊ぶのも難しいのでだんだんヒマになりニートでいることが辛くなってくるでしょう。

 

ちなみにぼくが多くの人に一度ニートになることをオススメしてる理由の1つに実際にニートになってニートは思ってるほど楽じゃないということを知ってほしいという意味合いもあります。

 

実際に「ニート 暇つぶし」などで検索する人が月数千人いますし、よっぽど1人が好きという人でなければすぐ社会復帰したくなるでしょう。

 

まれに社会復帰したくならない人という人もいますが、その人は間違いなくニートの素質がある人(人とかかわるより1人で生きる方が幸せな人)です。

そういう人は圧倒的に少数ですし、ぼくの様にニートとして生きていく道を探した方が幸せになれるでしょう。

 

一度キャリアの中に空白期間を作るといざニートをやめてお金を稼ごうとしたときに就職が厳しくなる→稼げるスキルさえ身に付ければどれだけ空白が空いても大丈夫

 

 一度キャリアの中に空白期間を作るといざニートをやめてお金を稼ごうとしたときに就職が厳しくなる説ですがこれは確かにそうなのですが工夫次第で余裕で回避可能なので上手に回避しましょう。

 

というのも、お金を稼げるスキルさえ身に付けていればどれだけ空白が空いていてもお金は稼げますし、仕事も見つけられます。

 

例えば薬局で働いている薬剤師さんなんかは子育て中のママさんが育児の合間にやっているという人も多いですが、その多くは妊娠出産などでキャリアに空白ができています。

それでも薬剤師さんは大体時給3000円くらいで雇ってもらえます。

 

それはなぜか、薬剤師をやっているママさんは免許(スキル)を持っているからです。

 

 

というようにスキルを身に付ければニートから脱することはさほど難しくありません。

 

ではどんなスキルをどのように身に付ければいいのか?

詳しくはこちらのきじっで解説しているので是非読んでみてください

 

www.akairen1007.com

 

 

出勤しない(ニートになる)・仕事時間をゆるくするためにはどうすればいいの?

 

f:id:akairen:20180823182552j:plain

 

では出勤がイヤ・働きたくないという人はどうすればいいか?

 

結論から言うとそういった自由が許される職業に就く必要があります。

具体的には

・需要が高い(供給が追い付いていない、もしくはギリギリで常に人手を求めている)

・どこでも仕事ができる(出勤する必要がない)

・仕事を選べる(働く時間を自由に決めれる)

 といった感じの業種にするべきです。

 

あなたの今就いている仕事は当てはまりますか?

もし当てはまらないならどれだけ頑張っても今のつらさやだるさを解消するのはムリでしょう。

 

じゃあ、それらの条件が当てはまる業種は何か?

それはWeb関連です。

 

Web関連なんて無理?いえいえ、就活よりも簡単です

 

f:id:akairen:20180823190307j:plain

Web関連というとプログラミングをしてホームページなどを作るお仕事ですが、そういうと「プログラミングとか絶対ムリ」だとか「いや~機械とか苦手だから...」という声が真っ先に上がりますよね(笑)

 

でも実は機械が得意とか苦手とかそんなの関係ないんです。

 

というのも、こんな感じでWeb制作で毎月安定して稼いでるぼくですが、今書いているこの記事は人差し指と中指でキーボードを打って書いています(ブラインドタッチはおろか5本指でタイピングが出来ません...)しパソコンとか全然詳しくないです...。

 

「えっ、それならできるかも!」と思うでしょ?

 はい、できます。大丈夫です。

 

基本的なスキルを身に付けるために3か月くらいかかりますが、皆さんが学生時代経験した就活よりも圧倒的に簡単。誰でもできます。

 

ぼくなんか高卒で職歴もありませんがそれでもできたくらいなんでこの「誰でもできる」の信憑性はかなり高いのではないでしょうか。

 

とはいえ、「そんなこと言われても自信ないな...」という方もいるかと思います。

そんなあなたにはまずプログラミングスクールの無料体験を受けてみるのがオススメ。

f:id:akairen:20180823183857p:plain

無料体験で実際にプログラミングに触れてみれば「あれ?これなら自分でもできそう!」というのが実感できるでしょう。

 

ちなみに上の画像にもあるように今なら無料体験を受けるだけでAmazonギフトカード1000円分がもらえちゃいます

 

【期間限定】侍エンジニアの無料体験を受けてAmazonギフトカードをゲットしよう!!

 

無料体験なのでもちろんお金は一切かかりませんのでAmazonギフトカードをもらうついでに~くらいの軽い感じで受けてみましょう。

なお、Amazonギフトカードがもらえるのは期間限定なのでお早めに!

 

プログラミングスキルを身に付けて得られるメリット 

 

f:id:akairen:20180904173250j:plain

 

 では、このプログラミングスキルを身に付けてWeb制作の仕事ができるようになるとどんなメリットがあるのか

 

具体的に言うと

・いつどこでどれくらい働くかは自由

・世の中に仕事はいっぱいあるから基本的なスキルを身に付ければすく稼げるようになる

・就職・転職が簡単になる

というようなメリットがあります。

ということでひとつずつ詳しく説明していきますね

 

いつどこでどれくらい働くかは自由 

 

先述した通りぼくは基本的に1日4時間前後しか稼働しません。

また、休みも基本的に週2日取っていてその休みの日も予定などに合わせて好きなように休みます。

しかもネット環境さえあればどこでも働けます。

 

というようにプログラミングスキルを身に付ければ、いつどこでどれくらい働くかというのが自分で決められるようになります。

 

というと「そんなのフリーランスだからでしょ!」と言われますが、Web関連の会社に就職したとしても、勤務時間はかなり融通が利くという会社は多いです。

 

例えばフレックス制。

名前くらいは聞いたことあるかとは思いますが、これは何時間働くかという働く時間数は決まっているもののその時間数働けば何時に出勤してもOKという制度です。

 

 Web関連の会社(IT企業)ではこのフレックス制を導入している企業が結構あります(というかIT企業以外だとほぼない)

 

世の中に仕事がいっぱいあるから基本的なスキルを身に付ければ稼げるようになる

 

 Web制作の仕事というのは無数にあります。

 

というのも今の時代はどこの会社でも自社のホームページを持っていますし、どこかの会社が新しい製品やサービスを作り出したらその都度新しいページやサイトが必要になりますから今こうしている間にも仕事はどんどん増えています。

 

しかし、Web制作ができる人(プログラミングスキルを身に付けている人)がその需要に追いついておらずどこも人手不足。

 

なのでこんな感じで

 

ネットでちょっと探せばいくらでも仕事は見つけられます。

しかも上の2つは多分駆け出しでも時給換算で1500~2000円くらいは稼げる案件。

 

もちろん、スキルアップしたり案件をしっかりこなして信頼を勝ち取ればもっともっと稼ぐことも可能です。

 

万が一またどこかで働きたくなった場合でも就職・転職が簡単になる

 

 プログラミングスキルとは言ってしまえば先程説明した薬剤師さんの免許です。

 

プログラミングスキルを身に付ければ転職も就職も一気に簡単になります(なんなら就労しなくても十分生きていけますが)。

 

詳しくはこの記事で解説していますのでこちらを読んでいただきたいのですが

 

ざっくり説明するとぼくの でプログラミングスキルなしだと市場価値は年収 万円、オファーを出してくれる会社は 社ですが、プログラミングスキルを身に付ければ同じ経歴でも年収 万円にまで跳ね上がり、ぼくにオファーを出してくれる会社は 社まで増えました。

 

というようにプログラミングスキルを身に付けているか否かだけで市場価値というのは大きく変わります。

 

ちなみにプログラミングスキルを身に付けていれば のようなWebエンジニア限定の転職サイトなんかにも登録できますから転職・就職活動を始めてから職が決まるまでのスピードも断然早くなります(ちなみにぼくの知り合いには就職活動を始めて4日で仕事が見つかったという人もいます)

 

これならニートになって少したってやっぱりどこかで働きたいとなっても安心ですね。

 

出勤がつらい・働きたくないなんて当たり前 自分の気持ちに正直になってゆるく楽しく生きません?

 

f:id:akairen:20180904173035j:plain

 

 最初のほうであったように出勤が辛い・働くのがだるいというのはとても当たり前の感情です。

 

そしてそんな毎日ブルーな気持になるような生活から抜け出すことは実はそんなに難しいことではないということはこの記事をここまで読んだあなたにはお分かりいただけたかと思います。

 

自分の気持ちに正直になって自分が嫌なこと・つらいことをしないといけない毎日はもう終わりにしてゆるく楽しく生きませんか?

 

先述した通りぼくはもう3年以上ニートをしているわけですがみなさんが思っているほどニートも悪くないですよ。