【現役ニートが実践】ニートが家から出ずに月5万稼ぐ方法【体験談】

*あしたしぬかもよ?人気記事

11300円だったスマホ代が770円に!?格安SIMのDMMmobileが超ヤバい

FX初心者のぼくが6か月で月利10%以上稼ぐようになった具体的な方法

元不眠症も3分でスヤァ 高反発枕「The Pillow(ザ・ピロー)」が超ヤバい 

スポンサードリンク

f:id:akairen:20180829121059j:plain

 

ニートしてるけど欲しいものあるしお金稼ぎたい

家から出ずに人ともできるだけかかわらないでお金稼ぎたいな~

 

というようなニートの願望を叶える記事です。

 

プロフィールを見てわかるようにぼくもニートをしているわけですが上記のようなお金を稼ぎたいニートから「どうすればお金稼げますか」という質問を週1以上で受けるので

 

ということで現役ニートが実践ニートのぼくが実際にやっているお金の稼ぎ方を全て紹介しその難易度やそれらでどのくらい稼いでいるか、そのメリット・デメリットまで解説していきたいと思います。

 

・この記事の内容

 

ニートのぼくが実践しているお金を稼ぐ方法

 

ウェブメディアの運営

f:id:akairen:20180829121133j:plain

 

ウェブメディアの運営というのは自分のサイトを運営してそこでいろんな情報を発信してそのサイトの中に貼ってある広告を見てもらったりしてお金を稼ぐお金の稼ぎ方。

ちなみにこの記事もそうです。

 

ちなみにぼくは現在このウェブメディアの運営で月5万円程度稼いでいます。

 

ウェブメディアの運営のメリット→安定した収益化に成功すれば短期間なら働かなくてもよくなる

 

ウェブメディアの運営でお金を稼ぐ最大のメリットは収益化に成功すれば短期間なら働かなくても収入を得られるということです。

 

短期間というのは数か月程度ですかね

 

これの何がいいのかというと、もちろんどこか海外などに数か月行ってその間働けなくても収益が入ってくるというのもありますし、ぼくの場合で言うと

 

こんな感じで突然労働意欲がなくなりその日1日何もしなかったとしても「まぁ、今日使った分のお金くらいは働かなくても稼げてるからいいか...」みたいな感じで休むことに対する罪悪感が無くなってくれて助かっています。

 

ウェブメディアの運営のデメリット→収益化までに時間がかかる

 

ウェブメディアの運営のデメリットは収益化に時間がかかるということです。

 

専門的な話になってしまいますが、ウェブメディアの運営でお金を稼ぐにはある単語をGoogleなどで検索した場合に自分のサイトの記事を検索上位に上げて多くの人に読んでもらう必要があります。

 

そのためには自分の書いてアップした記事をGoogleに評価してもらう必要があるのですが、それにはある程度時間がかかります。

 

どのくらいかかるかというと1~3か月。

その記事によっても差はありますがとにかくいえるのはすぐには稼げないということ。

 

それに検索上位にある記事が1つ2つとかで何万円も稼ぐというのはやはり難しいですし、そういったことを考えるとある程度稼ぐには最低1年は見るべきです。

 

なので今すぐお金を稼ぎたい!という人にはあまり向きません

 

ライティング業

 

f:id:akairen:20180829121152j:plain

ライティング業というのはクラウドソーシングなどでライティングの仕事(記事を書く仕事)を受けて指定された記事を書いてお金をもらうというお金の稼ぎ方。

 

ぼくはもう基本的ライティングぐ仕事は受けませんが(理由は後程説明します)ライティング業でお金を稼いでいたころはMAX月15万程度稼いでいましたし、1か月目でも4万以上は稼げていました。

 

ライティング業のメリット→今すぐに稼ぐことができる

 

先程から紹介しているWeb制作やウェブメディアの運営とは違い始めれば今すぐお金が稼げるというのが最大のメリットです。

 

もちろん特殊な知識やスキルは必要ありません。

ネット環境があってキーボードが打てれば大丈夫。

 

子育て中の主婦や大学生なんかもやってますし基本的には誰でもできます。

 

ライティング業のデメリット→あまり稼げない・稼ぐためにはそれ相応の労働が必要

 

ライティング業のデメリットはあまり稼げないということ。

 

始めてすぐある程度のお金(月4万以上・時給換算で時給800円前後)は稼げるのですがそこから上げてサラリーマン並みやそれ以上稼ぐというのは難しいかなというのがぼくがやった印象でした(もちろん目一杯時間を投下して本気でやれば違うのかもしれませんが...)

 

ちなみに先ほど「ぼくはもう基本的ライティングぐ仕事は受けませんが」といったのもこのあまり稼げないというのが理由です。

 

ライティング業は半年くらいやっても時給換算で1000円弱しか稼げませんでしたが、プログラミングスキルを身に付けてWeb制作をすれば1か月目から時給1500~2000円程度になりますから当たり前ですね。

 

とはいえ今すぐ稼ぎたいという人やお小遣い程度稼げればいいという人にはかなりオススメできるお金の稼ぎ方です。

 

投資

f:id:akairen:20180829121653j:plain

 投資というのは証券会社の口座を作り株やFXなどをしてお金を稼ぐお金の稼ぎ方。

 

ちなみにぼくは現在投資で月5~6万稼いでいます

 

投資のメリット→最小限の労働時間で稼げる

 

投資のメリットは最小限の時間でお金が稼げるということ。

 

というのも毎日数時間に1回相場を見てあらかじめ決めていたタイミングが来たら株式や通貨を買ったり売ったりして、また数時間後に相場を見てしかるべきタイミングが来たら先ほどの株式や通貨を手放すという繰り返し。

 

今の時代は証券会社のサイトやスマホアプリでワンクリック・ワンタッチで売買できますから投資にかけている時間は1日数分程度です。

 

もちろんネット環境があれば

 

投資のデメリット→リスクがある・ある程度稼ぐためにはそれなりの資金と知識が必要

 

みなさんもご存知の通り投資にはリスクがあります。

これまで紹介してきたお金の稼ぎ方は作業をすればお金を稼げる(成功)かお金を稼げない(失敗)でした

 

しかし投資は、お金が稼げる(成功)かお金が減るか(失敗)というように自分の資産が減る可能性があります。

 

もちろん稼げている人はそういったリスクを最小限にマネジメントして稼いでいるわけですがそれには知識やスキルが必要になってきます。

 

また、ぼくと同じように月5万円稼ぎたいと考えた場合月利10%(脱初心者レベル)で稼げる知識やスキルがあったとしても50万円運用しなければなりません。

というようにある程度稼ぐためにはそれなりの資金が必要ということになります。

 

ということからぼくは投資を2年以上やってきてそこそこ安定して稼いでいますがこれを本業にはしたくないなというのが正直な感想です。

 

お小遣いが稼げる趣味くらいの位置付けでやるのがベストなのかな~と思います。

 

とはいえ口座開設は無料ですし基本始めるのにお金はかからないですし、何よりめちゃくちゃ面白いので興味がある人は口座を開設して実際にやってみるのがオススメ

 

やるからには稼ぎたい!!という人は下の記事を読みながらしっかり投資の勉強をしましょう

 

 

Web制作

f:id:akairen:20180829121735j:plain

 Web制作というのはLP(ランディングページ)というようなホームページを作って欲しい人にホームページを作ってあげてお金を稼ぐというお金の稼ぎ方。

 

ちなみにぼくはこのWeb制作で月10万程度稼いでいます(まだ始めたばかりなのでここからひと月単位でまだまだ伸びると思います)

 

Web制作のメリット→かなり稼ぎやすい!駆け出しでも時給換算で1500~2000円稼げる

Web制作のメリットはとにかく稼ぎやすいというところにあります。

この業界は人手不足でちょっと探せば仕事は溢れていますし、駆け出しの最初の1か月でも時給換算で時給2000円くらい稼げました。

 

というのも、プログラミングのできる人の市場価値というのはかなり高く今の日本では40代でも時給換算で平均2500円行かない時代なのにプログラミングが出来れば派遣でも平均時給2700円台というくらいなので駆け出しでも普通に稼げるというのも庵っ得ですね

 

ちなみにWeb制作を仕事としている人(プログラマー)には月収100万円の人なんかも珍しくありませんし、都内だと月収50万以上のプログラマーなんてゴロゴロいます。

 

 

 

Web制作のデメリット→最低限のスキルが必要

 Web制作で稼ぐにはまず最低限のプログラミングスキルが必要になります。

 

というと一気に難しそう感が出てしまいますがWeb制作に必要な言語(詳しく言うとHTML,CSS,jQuery,PHP辺り)の基礎は真面目にやれば3か月程度で誰でも身に付けることができます。

 

詳しくは下の記事をどうぞ

 

 

とはいえ「いや、そんなこと言われても自分にはムリ...」という方もいることでしょう。

そんなあなたはプログラミングスクールの無料体験なんかも受けられるので、そこでプログラミングを体験してみれば「あっ、これならできそうかも!」という実感が湧くかと思います

 

ちなみに上の画像にもあるように今、侍エンジニアといプログラミングスクールでは無料体験を受けるだけで1000円分のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンなんかもやってるのでAmazonギフトカードもらうついでに~みたいな軽い気持ちで無料体験してみてください。

 

ちなみにこのキャンペーンは期間限定なんで興味がある方はお早めに

 

 

結局何をして稼ぐのがオススメなの?→基本的にはWeb制作、今すぐお小遣いが欲しいならライティング業がオススメ!

 

f:id:akairen:20180829123041j:plain

 

とここまでいろいろなお金の稼ぎ方を紹介してきましたが、ぶっちゃけどれがいいの?!ってハナシですよね。

 

もちろんその人のライフスタイルやいつまでにどれだけ稼ぎたいかなんかもあるので一概には言えませんが、 基本的にはWeb制作額は少なくてもいいからできるだけ早く稼ぎたいならライティングをオススメします。

理由を説明しまししょう。

まずライティングですが、先述した通り特にスキルは必要なく今すぐ始められるというのが強みですので今すぐにでも稼ぎたいという人はライティングをやるのが短期的にはいいでしょう。

 

ですが、中長期的に見た時に生活していくレベルで稼ぐ難易度が圧倒的に一番低いのはWeb制作です。

 

今すぐお金が必要ということがないのであれば3か月間プログラミングの勉強をしてWeb制作でお金を稼げるようになれば1人の人間が普通に生きていけるくらいの額が稼げるようになりますのでそっちを目指した方が

 

ウェブメディアの運営や投資は確かに最小限の稼働時間でお金が稼げたり短期間であれば稼働しなくてもお金が稼げたりというメリットがあります。

 

しかしどちらも収益化するのに時間がかかってしまいますし、将来的にそれで生きてかとなるとできる人とできない人がいるでしょうから副収入やフリーランスセーフティーネット的な位置づけがベストなのかなと思います。

 

もちろんぼく自身ウェブメディアの運営や投資で今も毎月安定して収益を上げていますし、とても良いお金の稼ぎ方ではありますが、

 

 

 最後に:ニートは稼げないなんてことはない

  

f:id:akairen:20180829123057j:plain

 

 

こういうようなお金の稼ぎ方を説明しても「とはいってもやっぱりニートにお金を稼ぐのは難易度が高い」みたいなことを言って何もしないままあきらめてしまう人がいますがそんなことは全くありません。

 

実際ぼくはニートですしね。

 

家から出ず人ともできるだけ関わらずにお金を稼ぐというのは昔は不可能だったかもしれんせんが今は違います。

 

正しいやり方をすれば誰でもお金は稼げますし、お金の稼ぎ方だって選べます。

 

ぼくはニートという生き方は一切否定する気はありませんが、同じ時間を過ごすにしてもお金を稼いでいて自由に使えるお金があるのとそれがないのとでは楽しさも幸福度も全然違いますよ。